広報
兵庫医科大学医学会
海外研修報告

ワシントン大学医学部見学研修を終えて

● 右近 亮介さん (第5学年次)

今回のシアトル・ワシントン大学見学研修では、権威あるDr. McCormickの下、多くの素晴らしい先生方のlectureを受けることができ、とても有意義な時間を過ごすことができた。講義内容はどれもbioethicsに関わるものであり、今まで知らなかったことや、自分とは全然違う考え方があったりと、色々と考えさせられることもあり、自分にとって良い刺激となった。また、生命倫理の問題はとても難しい問題であり、自分が医者として仕事をする上で、避けて通ることのできない問題であり、なにが正解かという答えの見つからない問題なのだろうと考えさせられた。

 この見学研修ではどの講義も興味深いものだったが、その中でも”Chaplain”と”Dialysis”についての講義が印象的であった。

まず”Chaplain”についてだが、Chaplainとは聖職者であり、緩和ケアを受けている患者・家族に対してそれぞれの宗教をベースに、自分自身の宗教観を押し付けることなく、医療チームの一員として、患者の思いや感情を共感し、スピリチュアルな面の援助をしている。それにより、患者の最後の時間を有意義に過ごせるようにサポートし、終末期医療において重要な役割を果たしている。またChaplainは患者だけでなく、医師や看護師といった医療従事者の心のケアも行っており、患者にとっても医療従事者にとっても大切な存在になっている。確かに日本では医者がストレスでうつ病になっている例も多くあるので、Chaplainの存在は大きいと思う。

日本ではChaplainという制度がなかなか普及していないというのが事実であり、その背景には日本では無宗教の人が多いということや、制度自体の認識度の低さがあるのだと思う。しかしながら、無宗教でもChaplainのように患者や家族の思いや感情を共感することはできると思うし、医師になる立場としてやっていかなければならないと思う。また、蒲生先生がおっしゃっていたように、この研修でChaplain制度について勉強した僕たちが、日本でもっと普及するように実践していかなければならないし、根気よく認識されるまで頑張らないといけないと思う。

次に”Dialysis”についてだが、透析は生命倫理ととても深いつながりがある。透析が始められた1962年当時、アメリカでは透析の機械3台に対して9人の患者が治療を望んだ。しかしながら、3台では3人の患者を治療するのが限界であり、9人の患者から3人を選択する必要があった。それにより誰の命を助けて、誰の命を助けまいかという、命の選択という問題があがり、生命倫理というものが問題視されるようになったという。

メリカでは日本の国民皆保険とは制度が違い、医療を受ける際、同じ治療であっても保険の種類や病院によって治療費が異なってたり、ましてや保険に入っていない人が病院で治療を受けると日本では考えられないような莫大な治療費を請求されることが多々ある。しかしながら、このDialysisだけは1人当たり1年間で$80,000のコストが掛かるにも関わらず、政府が治療費を全額だしてくれるので、保険に入っていようがいなかろうが、無償で治療を受けることができる。アメリカでは年々、透析患者が増えており、透析にかかる予算も増えているらしく、今後透析が政府の予算を圧迫していくのではないかと疑問に思った。そこでDr. Mike Kellyに質問してみたが、「政府がお金を払ってくれているのだから、気にせずやればいいじゃないか」と前向きすぎる意見で、圧倒されてしまった。確かに今の事だけを考えればその意見も一理あると思うが、もし今後透析により政府の予算が圧迫され、透析に払える金額に政府が限度をつけるようになってしまうと、透析を受けたくても受けられない患者がでてくるようになり、誰を助けて誰を助けないかという、命の選択といった、生命倫理の問題が必ずでてくるであろう。こういった問題にならないように、もう少し今後の事も考えて、良い解決策を見つける必要があるのではないかと思った。

今回の研修では、他にも素晴らしい先生方の講義を受けることや色々な施設を見学することができ、自分にとって本当に良い経験となったし、将来アメリカで働きたいというモチベーションを向上させることができた。しかしながら、授業に対する積極性の足りなさや、自分の英語力の足りなさを痛感する研修でもあった。今後またこのような機会のときに同じような思いをしないように、英語力・積極性の向上に努力したいと思う。また、今回の研修で得られた経験をこれからの人生に生かすことができるように頑張っていきたいと思う。

最後になりましたが、このような機会を与えてくださった枚方療育園の古山先生、山西先生、杏林大学の蒲生先生ご夫妻、兵庫医科大学の野口先生、古瀬先生、そして素晴らしい講義をしてくださったDr. McCormickをはじめとするUWの先生方、見学させていただいた施設の方々、僕たちの研修がスムーズにいくように調整してくださった枚方療育園の職員の方々、通訳のいずみさん、僕たちをサポートしてくださった全ての方々に感謝いたします。本当にありがとうございました。いつか成長した姿を見てもらえるように、今後も努力していきます。

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.