広報
兵庫医科大学医学会
海外研修報告

中国研修記

● 藤原 康弘さん (第4学年次)

2012年3月15日~22日の間、私は中国の汕頭大学医学院にて海外研修をさせていただきました。私がこの研修を希望したのは、医療を通じて異文化に触れる中で中国と日本の医療の違いを知りたく、医師になる前に学生の視点から見た海外の医療とはどういったものかを勉強したいと思ったからです。人生初の海外渡航だけに、出発前夜から緊張がほぐれず不安でいっぱいでしたが、心強い仲間達に支えられ無事に研修を終えることができました。研修の一週間を日記形式で記していきたいと思います。

sw07_1.jpg
Welcome Dinner後のホテルでの集合写真
sw07_5.jpg
聴診模擬患者
sw07_6.jpg
眼底診察の練習ができるキット
sw07_2.jpg
汕頭大学の学生とチェンツをしながら交流
sw07_3.jpg
農村での医療ボランティア
sw07_4.jpg
眼科病院での白内障の手術室

【3月15日】:Welcome Dinner、オリエンテーション
中国時間で夕方5時頃に汕頭に到着して、初めて異国の土を踏みました。空港では、程先生をはじめとする汕頭大学の先生方が温かく出迎えてくださいました。夜ホテルに着いてからは、歓迎夕食会に御呼ばれしました。日本で食べるものとは違った中華料理が出てきて驚きましたが、先生方といただいた料理はおいしかったです。汕頭料理は牛肉丸が名物です。歓迎会で先生方とたくさん話をしましたが、中でも中国の医学部は5年制と7年制と8年制に分かれている話が印象的でした。5、7、8年制度は、入学試験の成績で決まるとのことです。また程先生の話によると、汕頭大学医学部は一学年300人いるとのことでした。

【3月16日】:汕頭大学医学院の紹介、汕頭大学見学、Clinical Skills Training Centerの見学
午前は、汕頭大学の紹介をして頂きました。汕頭大学医学部は李嘉誠先生の故郷が汕頭であることから開学しました。汕頭大学は近年、化学と臨床医学の分野で世界から高く評価されており、臨床医学では医学生3年生から医療実技の実習を行っています。ゆえに国内で行われるクリニカルスキル大会という医療実技を競う大会では、昨年度は4位という好成績を残しています。また、研究分野ではインフルエンザの研究が注目を浴びています。

午後は汕頭大学の校舎を見学した後、現地の学生に交じって、皆でチェンツという羽つきのコマに似たものを蹴りながらパスしあう、という遊びをして楽しみました。そして夕方には、Clinical Skills Training Centerの見学に行きました。そこでは、心雑音を聴ける患者の模型や、顔の模型の眼底写真を入れ替えながら眼底診察の練習ができるセットや、他にも耳鏡診察の練習ができる模型セット、腰椎穿刺の練習ができるセットなど初めて見たものばかりがありました。ここまで多くの実技練習のできるキットがそろっている大学は、中国国内でも数少ないそうです。

【3月17日】:農村での貧しい人たちへの医療ボランティア
午前は、田舎の小学校に行き、農村に暮らす患者の血圧を測ったり眼科検診を手伝いました。田舎の小学校にはカナダからの留学生や汕頭大学医学院の学生が来ており、彼らと医療について語り合い交流しました。海外の医学生と初めて話したのが私には新鮮でした。午後は貧困層の家への往診を見学しました。貧困層患者の家には屋根がなかったり、ガラスの落ちている道を子供たちが裸足で歩いたりと、衛生環境が悪いなかで貧富の差の激しさを実感しました。農村での実習が終わったこの日、夕食は産婦人科の孫先生の家で手料理を頂きました。

【3月18日】:潮州観光、郊外での眼科病院の見学
午前は潮州にカナダ人学生たちと観光に行きました。午後はサンラオタン市の眼科病院に行き、手術室や病棟を見学しました。この病院は白内障手術に力を入れており、1~2週間前から予約しないと手術を受けられない状況です。中国の医療費は国民が25%を負担して、残り75%は国家や政府そして国民が払う保険費からでており、日本の患者3割負担と似ているところがありました。

【3月19日】:ホスピス見学、汕頭大学の学生達とディスカッション
午前は郊外にホスピス見学にいきました。私が見学したホスピスは、貧困層で診断が決まった患者を対象にしており、李嘉誠基金会によって立ち上がった中国国内初のホスピスです。1軒目は肺癌患者で、この人は今年3月に癌が見つかりホスピスの新規登録の準備をしていました。登録後は、医師や看護師達で経済状況も考慮しながらボランティアを送ったり、投薬計画を立てていく予定だそうです。2軒目は脳腫瘍の患者で、数日前より吐き気が強くなったそうです。ホスピスは患者の社会的支援と心理的支援をしており、患者が周辺から偏見を持たれないようにサポートする必要がある、と先生がおっしゃったのが印象的でした。午後は汕頭大学の学生達とディスカッションをして、お互い異文化を知り合い交流を楽しみました。

【3月20日】:第二附属病院(口唇口蓋裂治療センター、Eye Center、精神科)見学
口唇口蓋裂治療センターでは、李嘉誠氏の援助による無償医療が行われています。生まれてすぐに治療しないと手術の成功率が低下していくそうです。精神科病棟は広い庭の中に存在し、開放的な雰囲気があり、病棟内では患者が編み物をしたりパッチワークをする中で患者手作りの編み物が展示されていました。Eye Centerでは、診察室以外に眼科疾患を灸で緩和させる場面や、眼鏡屋さんがあったのが印象的でした。このように、Eye Centerでは眼科診察に始まり、診察後まで手厚く患者をサポートする体制が整っていました。

【3月21日】:第一附属病院(救急、外科)見学
この日は外科手術に入らせていただきました。私が見学した患者は、腹部に腫瘤と思われる病変が存在したため、腹部を開腹して組織の病理診断を行っておりました。救急では、輸血で点滴している患者が目立ちました。

以上が7日間にわたる汕頭大学研修でしたが、この研修では中国の医療の素晴らしい面が見られ、さらに中国の文化に触れたり海外の医学生たちと交流できた中で、共に行動し助け合った同じ兵庫医大生達の素晴らしい部分にも触れることができた、収穫の多い7日間を過ごせました。中国の医療、海外の学生、今回共に行動した兵庫医大生、そして汕頭大学の先生方から教わった沢山のことを今後の生活や医療現場にも反映していき、その中でこの研修の素晴らしさも伝えていきたいです。

程先生を始めとする現地でお世話になった先生方、今回の研修に私を選考してくださったり研修の相談に乗ってくださった兵庫医大の先生方、協和会国際交流基金の方々、海外研修に送り出してくれた家族、中国で交流した大学生、そして今回私とともに研修生活を過ごした7人の兵庫医大生に深く感謝します。最後に皆さまお疲れ様でした。

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.