広報
兵庫医科大学医学会
海外研修報告

中国汕頭での研修を終えて

● 佐藤 彰記さん (第2学年次)

 私は、臨床が始まる前のこの時期に、日本以外の国での医療、医学生に触れることで、今一度、自分の医学に対する気を引き締め、意識を高めておきたいという理由でこの研修に参加させて頂きました。実際に平成24年3月15日から22日までの8日間、汕頭大学医学院で研修をさせていただき、本当に多くのことを学び、考えさせていただく機会を得ることができました。

 研修の日程は、
第1日目:中国到着後、Welcome Dinner
第2日目:汕頭大学医学院と李嘉誠基金のプロジェクトの紹介
     臨床技能センターの見学、汕頭大学の見学
第3日目:農村地域への医療ボランティア
第4日目:潮州観光、郊外の眼科病院訪問
第5日目:ホスピス見学、現地学生とディスカッション
第6日目:口唇・口蓋裂治療センター、感染症科、眼科、精神科見学
第7日目:第一病院での産婦人科、救急見学
といったもので、非常に充実していました。

 中国に到着し、空港の綺麗さからも経済発展が伺えましたが、バスでホテルに向かうため少し離れた場所に行くと途端に景色は変わり、発展している所と郊外の差はまだまだ大きいことが伺えました。

 第2日目の午前中は、汕頭大学で大学紹介があり、汕頭大学医学院は国際的に知名度をあげることに力を入れており、英語教育を徹底しているようでした。また、貧しい地域への医療提供も教育の一環として授業に組み込まれ、ボランティアの学生を中心に学生全員が一度は活動に参加することが義務づけられているようでした。その活動というのも、かなり実践的で「考える→実行→反省→お祝い」という流れで、1人暮らしの老人の家に設置するアラームを作ったり、老人が起きあがるときに便利なように、杖の下の方の位置にもう一つ持ち手を取り付けるといった物作りも行われ、実際に活用されているようでした。午後からは大学のキャンパス見学があり、その後に臨床技能センターを見学させて頂きました。そこでは、多くの模擬人形があり、学生の診察技術向上のため用いられているようでした。私は2年生なので初めて見るものばかりでしたが、4年生5年生の人からすると、こちらの模擬人形の方が日本のものと比べて、種類が豊富であらゆる症例に対応しており日本にもぜひ導入して欲しいという感想をもったようでした。

 第3日目は、朝からバスで2時間程かけて農村地域へ行き、汕頭大学医学院のボランティアの学生とカナダからの留学生と共に医療の提供の場を見学し、また一部体験させてもらいました。このあたりの地域では、小学校を借りて年に数回検診の場を設けているそうです。内容としては、内科、外科、眼科、小児科など教室ごとに分かれており、診察した後、薬の提供を行っていました。また、病気の予防についてのパンフレットを配るなど知識の拡大にも力をいれているようでした。汕頭大学医学院のボランティアの学生は主に3年生で、血圧測定と視力検査を任されていました。出来ることは実践していくという中国の大学の方針と、ボランティアの学生が既に1人の医療人として頼られている姿に大きく刺激をうけました。午後からは、小学校まで出てこられない老人を訪問し、先生が診察している場に立ち会いました。ここで先生は、最先端の医療を身につけることだけが医療ではない、と説いておられました。

sw05_3.jpg
潮州観光(4日目)

 第4日目の午前中は、潮州観光でした。寺院や汕頭刺繍のお店や陶器の博物館に連れて行ってもらいました。午後からは、バスで数時間かけて山々を越え、郊外の眼科病院を見学しに行きました。この病院は周辺の人口100万人くらいをカバーしており、白内障の手術を得意としているそうです。ここの病院の治療の技術が周辺の地域の中で一番高いらしく、遠方からも多くの患者が訪れ、ベッド数は常に足りてないようでした。私が訪れた日には、この眼科病院のすぐ横の病院で予防注射が行われており、病院内は多くの人で溢れていました。予防注射が農村地域でもちゃんと行われていることには安心しましたが、予防注射が行われている場所が誰でも入れるような環境で、実際にも多くの人でごった返しており、衛生面は安全なのか疑問に思いました。

 第5日目の午前中は、ホスピスケアを見学するということで、2つのグループに分かれ、医師、看護師、ソーシャルワーカーの方と共に患者の家を訪問させてもらいました。そこで感じたことは、まず「生活水準の差」です。訪問したお家の周辺は市街地とは全く景色が異なり、住んでいる人の服装にも違いが見られました。市街地から少し離れただけであるのに、こんなにも生活が違ってくるということは驚きでした。ホスピスケアの面では、日本では看護師や医師が処方しなければならないモルヒネを、患者自身で管理して服薬していることに、日本と中国での医療の制度の差を感じました。また午後からは、汕頭大学医学院の学生4人を交えたディスカッションが行われました。その際中国には、5年制と6年制と7年制の3種類の医学部があることを知りました。中国では地域により求められる医療に差があり、そのニーズに合わせ3つの種類の医学部があるようでした。しかし、7年制の医学部であると都市部の病院に就職することが保証されていますが、5年制の医学部であると就職先を見つけるのも大変なようでした。地域医療について質問すると、中国ではトップ層から都心部に就職していき、主に地域には5年制の大学の人が従事するようでした。また、統一のテストの成績の順から好きな科が選べるので、どこの科に医師不足であるといったような問題は起きないようでした。

 第6日目の午前中は、汕頭大学第2付属病院の口唇・口蓋裂治療センター、感染症科、眼科を見学させて頂きました。口唇・口蓋裂治療センターの先生からは様々な種類の口唇・口蓋裂とその治療法を紹介して頂きました。感染症科では、日本では珍しい破傷風の患者を見せてもらい、教科書で見ていたような内容を実際に目にすることができていい経験になりました。また眼科では、針を顔面に刺し視力回復を図る治療や、漢方を用いた蒸気による治療など初めて目にすることが多くありました。この第2病院では、西洋の薬を出す処方箋受付と、漢方薬を出す処方箋受付の2つがあり、中国では西洋医学と漢方を信じている割合は半分ずつくらいですが、大抵の患者は用途に分けどちらの薬も服用しているそうです。午後からは、精神科病院の見学に行きました。私は、1年生の時のアーリーで兵庫医科大学の精神科を見学していたため、比較しながら見学することができました。こちらの精神科病院は兵庫医大に比べると非常に大きく、患者の生活環境もかなりレベルの高いものになっていると感じました。しかし、まだまだベッド数が足りていないのが現状のようです。

 第7日目は、汕頭大学第1付属病院を見学させて頂きました。ここでは、産婦人科で子宮筋腫のオペに立ち会わせてもらいました。オペ着を着ることも、オペ室に入る事も初めてでしたのですごく新鮮でした。私は全てが初めてでしたのでただただ感心するだけでしたが、5年生の方の説明を聞いていると、オペ着を洗濯して着回していることなど衛生面での問題が日本とは大きく異なっており、大丈夫なのか、とも感じました。その後、救急病棟の方にも見学に行かせて頂きましたが、ここも誰でも入れてしまう環境であり、外界とも繋がっていて衛生面での問題が少し気になりました。

 一週間という短い期間でしたが、あらゆる側面から中国の医療の現状を見ることが出来、非常に勉強になりました。中国と日本では医療に対する患者のニーズが異なるため、体制としての違いはあるものの、医療人としての姿勢はどの国も同じであり、「医療」とは、今ある現状に合わせ柔軟に変化を遂げていかなければならないものなのだと認識させられました。また、それに対応できるよう、医師にはあらゆる範囲の知識と技術が求められてくるため、今の自分の現状に満足することなく勉学に励んでいかなければならないと思いました。

 最後になりましたが、現地での指導にあたって下さった先生方、また、知識の少ない私に、ことあるごとに細かく説明してくれた研修のメンバーに本当に感謝しています。ありがとうございました。

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.