広報
兵庫医科大学医学会
海外研修報告

汕頭大学医学院での研修を終えて (2011.3.17~3.24)

● 島津 葉月さん (第3学年次)

 3月17日から24日まで、3年生5名と1年生2名の計7名で中国広東省にある汕頭大学へ研修に行かせていただきました。研修が決まってからは、海外での医療を見学できる、というなかなかできない体験への期待と、そして不安の毎日でした。

 私たちの研修はお世話になる先生方からの歓迎会から始まり、 一日目:歓迎パーティー、羅先生からの汕頭大学についての説明 二日目:汕頭大学のClinical Skills Training Centerの見学、キャンパス見学 三日目:潮州観光、白内障センターの見学 四日目:農村での医療ボランティアの見学 五日目:ホスピス見学、汕頭大学医学院の学生と交流 六日目:第二病院 (口唇・口蓋裂センター、感染・肝・リハビリ科、精神科病棟)の見学 七日目:第一病院(産科、救急)の見学 という日程でした。

 人口、医療制度ともに日本と全く異なり、印象的だったのは、待合室に座りきれず廊下を埋め尽くす患者、そして、しまいには病棟に入りきれず廊下にあふれたベッド、そのベッドで治療を受ける人々。日本では見たことがなかったその姿に驚きました。

 また、農村での医療ボランティアでは、都会との生活水準のレベルの差の激しさに驚きを隠せませんでした。自分がどれだけ恵まれていて、そして自分では想像もつかないようなところで生活し、毎日を過ごしているひとがいるということを学べてよかったと思います。戦争、災害、ニュースではよくみる情景であり、発展途上国の現状などは、ニュースで多く報道されていますが、その裏で、病に倒れても十分な治療が受けられずにいたり、場所が違えば助かったはずの命が失われていくという現実があることを忘れてはいけない、と思いました。

 この農村での医療ボランティアには汕頭大学の学生たちとも一緒に行かせていただきました。バイタルを計ったり、視力検査を行ったり、簡単なカルテを記入したりしていて、学年は同じくらいでしたが、すでに医療に携わっていて、ジレンマを感じ、そしてまた、追いつけるように勉学に励みたい、という気持ちを抱きました。

 農村での医療ボランティアを含め、今回見学させていただいたホスピス、口唇口蓋裂センター、白内障センターは李嘉誠氏という方の援助により運営されていて、これにより、貧しさのために十分な治療を受けられないでいる方が無償で治療を受けることができるそうです。李嘉誠氏により創設された汕頭大学医学院にはClinical Skills Training Centerが設けられていて、見学させていただきましたが、本物さながらに手術室、ICU、分娩台などが再現されていて、感銘をうけました。また、学生のうちから、実際の器具を用いて、挿管や分娩などすぐに現場に出られる技術を学べるということは、勉学の場としてすごく恵まれているな、と感じました。

 他にも汕頭大学医学院の学生と交流する機会をくださったり、実際に手術室の中に入り、オペを見学させていただいたり、今回の研修ではたくさんの場所を見学させていただきました。これらの貴重な体験を忘れず、今後に生かしていきたいと思います。

 程先生をはじめとする現地でお世話になった先生方、波田副理事長先生、協和会国際交流基金の方々に深く御礼申し上げます。そして、この7泊8日の短期研修をともに過ごしたメンバーたちに、お疲れさま、そしてありがとう。



兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.