広報
兵庫医科大学医学会
海外研修報告

汕頭大学医学院での研修を終えて (2011.3.17~3.24)

● 佐々木 祥子さん (第3学年次)

 私は2011年3月17日から8日間、中国の汕頭大学医学院での研修に参加させていただきました。医学部に入学して3年が経った今、勉強に追われる毎日で、医師になる夢よりも目の前にあることをこなすことに気をとられているように思えます。この研修では他国の医師や病院、医療制度を肌で感じ、理想の医師像を明確化したいという思いで参加しました。

汕頭大学医学院は李嘉誠氏の寄付により、無償の医療・教育の充実化がなされています。今回見学させていただいた施設は李嘉誠氏の寄付によって成り立っています。貧富の差が医療の差にならないように、さらに医師レベルの向上を図ることで先端医療を受けられるようにするためには、格差が進行している中国ではこのような力が必要不可欠であると感じました。

 一日目は中国に到着後、Welcome Dinnerをしていただきました。汕頭料理は日本で食べる中華料理とは異なり、また食事の作法も違うため戸惑いながらの食事でしたが、先生方との食事は緊張を和らげるものでした。

 二日目は、Clinical Skills Training Centerと汕頭大学の図書館を見学させていただきました。Clinical Skills Training Centerは気管挿管や分娩手術、内視鏡、点滴、心拍の聴診などを模擬体験できる施設です。実際に器具を扱うため、教科書での勉強をより具体的にイメージでき、とても羨ましく思いました。しかし、ここで勉強できるのは成績優秀者に限られているそうです。日本のように全体のレベルを上げることと中国のように一部のレベルを突出して上げること、両者を天秤にかけバランスをとることが最も大切であると感じました。

 三日目は汕頭市の八角の観光と農村の眼科病院に行かせていただきました。八角とは、丸く家が並べて建てられた、大家族で暮らす村のようなところです。昔、海賊の侵入を防ぐために作られたそうです。国宝指定も受けていて、とても珍しいものでした。農村の眼科病院は、都市よりも安く医療を受けられるため多くの農村の人が訪れます。また、農村では病院がないために産科なども行っているそうです。農村では医師の専門性よりも、応急的に様々な科を診ることが求められていました。専門性を高めるだけでなく、様々な科を勉強しておくことはとても重要であると思いました。

 四日目は農村地域医療ボランティアに参加しました。このボランティア活動は、3年の学生が血圧などの問診をとり、それをもとに医師が診察するものです。学生の教育と農村での医療提供の二つの要があるように見受けられました。また、私と同じ学年の学生が実際に患者と接しているのを見てとても驚きました。さらに、農村では浄水の設備が整っていないため汕頭大学の学生が設備の実験を行っていました。この設備は日本の文献を参考に作ったということをきいて、少し誇らしい気持ちになりました。農村への訪問は驚きの連続でした。道の舗装も悪く、トイレも水洗ではない簡易なもので、都市との格差をあらゆる部分で感じました。一番衝撃的だったことは農村の医師は医師免許を持っていない点です。中国では、2000年に医師国家試験ができました。中国での医師の地位は日本ほど高くなく、三割ほどは医師として就職できないため薬剤師などになるそうです。それでも、農村で医師になろうという人はほとんどいません。それは、農村の医師は賃金が安く、信用もされないため、病気になった農村の人は例え農村に病院があっても都市へ行ってしまうためです。そのため農村では充実した医療は全く受けられません。日本の医療制度がいかに充実しているか、また日本の医師レベルがいかに安定したものかを目の当たりにしました。しかし、広大な中国では日本と同じような制度で行うことはとても難しいように思います。中国はいろんな国が混ざり合った連合国のように感じました。

 五日目は末期がん患者の自宅を訪問し、鎮痛剤によってQOLを高める活動に同行しました。訪問した二軒は肺がん患者で、アヘンの鎮痛剤を処方していました。アヘンの取り扱いは厳しいため、飲んだ後の包装を持ち帰るなどの工夫がなされていました。また、薬の投与だけでなく患者の話を聞いて不安を取り除くことにも重点が置かれていました。3年生での在宅ケア実習と類似していて、医療従事者は治療だけでなく患者とのコミュニケーションも大切であると再確認しました。午後には汕頭大学医学院の学生との座談会が行われました。中国では方言が強いためそれぞれの地域の言葉は全く解りません。さらに識字率も100%ではないため、患者と直接コミュニケーションが取れない場合があるそうです。中国では国内でも様々な言語を覚えなければならないようで、とても大変そうでした。

 六日目は口唇口蓋裂センター、感染症・肝病センター、精神病棟を見学させていただきました。口唇口蓋裂は李嘉誠氏の援助による、無償医療の一つです。”Project New Life”という名のとおり、子供に無償で口唇口蓋裂の手術を行い、病気に悩まされることのない新たな人生を送るという意味がこめられています。しかし、農村の患者は術後の発音のリハビリに来ないことが多く、それが今後の課題のようです。精神病棟では患者に英語や簡単な日本語で話しかけられました。ここに入院する患者は学力水準が高いようで、やはり医療を受けられることと貧富の差が直結していると感じました。

 七日目は産科の帝王切開と救急を見学しました。中国では約70%が帝王切開での分娩だそうです。手術室に入れてもらっての見学でしたが、消毒などがかなり簡易で感染などが心配になりました。また、一人っ子政策は施行されているにもかかわらず、中国南部では子沢山が良いことといった慣習があるためほとんど守られていないようです。ルールよりも自らの理念を優先させる中国人のアグレッシブさはいろんな部分で感じとれ、国際社会ではこのような力も必要なのかなと感じました。

 八日目は先生方に見送られ、日本へ帰国しました。中国での八日間は毎日が新鮮で、一日一日がめまぐるしく過ぎていきました。中国の医療を知ることによって、日本の医療を考えさせられる良い機会になりました。そして、改めて、さらには以前より深く理想の医師像や医療を再確認することができたように感じます。今回の経験をこれからの勉学に活かし、ここで気づいたことを忘れることなく頑張っていきたいと思います。最後に、中国での研修へ送り出してくれた両親・家族、中国でお世話になった程先生をはじめとする諸先生方、波田先生、国際交流センターの藤林さん、相談に乗ってくださった古瀬先生、協和会国際交流基金、そして一緒に研修に行った六人に深く感謝します。

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.