広報
兵庫医科大学医学会
海外研修報告

汕頭大学医学院での研修を終えて (2011.3.17~3.24)

● 梅澤 奈穂さん (第3学年次)

 私は海外の医療が日本とどのように違うのか、また中国という国の文化に興味があり、この研修に応募しました。初めての中国ということもあり不安と期待の中、平成23年3月17日いよいよ汕頭大学医学院での研修が始まりました。

 まず汕頭大学は李嘉誠基金会により創設された広東東部地域で唯一の大学です。李嘉誠氏は慈善活動に熱心な方で、農村の貧しい人々を対象とする様々なプロジェクトを立ち上げました。汕頭大学では提携病院や多くのスタッフ、学生たちが4つのプロジェクトを通して積極的にボランティア活動を行っています。今回私たちはそのプロジェクトに関係している医療センター(白内障センターや口唇口蓋裂センター)を見学したり、農村地域の医療ボランティアに参加させて頂きました。

臨床技能センター
臨床技能センター

 第一日目には汕頭大学医学院臨床技能センターを見学しました。ここでは模擬技能訓練を行うための診察室や手術室などの設備があり、実際に人形を用いて聴診や気管挿管、分娩などのトレーニングを行っているそうです。日本では臨床的な技能実習が不十分なまま研修医になり、気管挿管が出来ない医師が多く問題になっているときいていたので、このような実践的なトレーニングを早い段階で行える環境が日本の大学にもあればいいなと思いました。汕頭大学でもこういった特別なトレーニングが受けられるのはトップクラスのさらに優秀な生徒だけだそうです。

 第二日目には潮州観光の後、田舎の眼科病院を見学しました。ここでは、貧しい人々に白内障手術を提供しています。また田舎の医療技術を高めるために、現地の医療スタッフに専門的な技術の訓練も行っているそうです。

地域医療ボランティア
地域医療ボランティア

 第三日目には汕頭大学医学院の学生と共に農村地域への医療ボランティアへ行きました。田舎でも比較的人口の多い地域を選び、学校など広い場所で約1か月の間隔で定期的に健康診断を行っているそうです。この日のために遠い村からもたくさんの人が集まっていました。医学生が血圧を測り、医師が診察を行います。機械による検査は一切出来ないため大きな病気を見つけることは出来ませんが、最低限の検査を行った上で異常があれば都市の病院で治療をするそうです。軽い腰痛などは、その場で漢方により治療されていました。この日最も衝撃的だったのは、田舎には医師免許を持たない医師がほとんどで、都市の医師から基本的な医学を学び医療行為(予防接種や点滴など)を行っているという事実でした。医師が都市に集中し農村で不足しているためこのような状況が生じているようですが、日本では考えられないことだと思いました。次に、汕頭大学医学院の学生たちが開発中だという浄水機を見せて頂きました。田舎の人々に飲料水を提供したいという想いから日本人の文献を読んで浄水機を研究されたそうです。安価で出来る装置ということで、とても原始的な構造であるため飲料水が出来るまでまだまだ問題点は多いそうですが、大学生がそれぞれの分野での知識を生かし、貧しい人々のために役立とうとする姿勢がとても印象的でした。

 第四日目にはホスピスボランティアの見学で実際に田舎の癌患者の家に訪問させて頂きました。ここでは、末期の患者のターミナルケア・亡くなった患者の子どもの養育・癌患者に対するホスピスケアのスキルアップを3本柱に活動されているそうです。また日本のホスピスのように末期の患者が施設で最期を過ごすのではなく、家庭でターミナルケアを受けるというものでした。非常に広範囲の地域を訪問されているため中国内でも方言で言葉が全く通じず、患者の症状や気持ちを正確に理解する事が重要であり大変だとおっしゃっていました。

 第五日目にはまず口唇口蓋裂治療センターを見学しました。恵まれない子どもたちを対象とするこの病院では、口唇口蓋裂手術やその後の発語訓練、精神的サポートまで無償で提供しているそうです。その後見学した汕頭大学附属第2病院では、まず廊下に溢れ返ったベッドに衝撃を受けました。中国では日本のようにベッド床数が定められていないそうです。患者のプライバシーや衛生的な面からもこれは改善すべき状況であり、人口の多い中国ならではの問題の一つだと感じました。

 第六日目には汕頭大学附属第1病院で産科、救急の見学をしました。産科では双子の帝王切開に立ち合ったり、救急では目の前で心肺蘇生が行われていたりと、日本でもまだしたことのない経験をたくさんさせて頂きました。

 この6日間、中国の医療や文化についてほんの一部だとは思いますが実際に見て学ぶことが出来ました。
現在は、本やインターネットで多くの情報を簡単に手に入れることができますが、実際に訪れて、自分の目で確かめ、現地の人と交流し、生の声を聞くことが最も良い勉強方法だと実感しました。ここで見て聞いて感じたことは、一生私の記憶に残り続けると思います。この研修で得た貴重な経験を今後に生かしていきたいと思います。

 最後になりましたが、今回このような機会を与えてくださった波田副理事長、協和会国際交流基金、また現地で大変お世話になりました程先生、劉先生をはじめとする汕頭大学の先生方、本当にありがとうございました。

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.