広報
兵庫医科大学医学会
海外研修報告

汕頭大学医学院での研修を終えて (2011.3.17~3.24)

● 内田 啓子さん (第3学年次)

 今回汕頭大学医学院で研修を受ける機会を頂きました。

 まず、到着した日に歓迎パーティーをして頂き、おいしい汕頭料理を頂きました。汕頭料理は、普段私たちが日本で食べている中華料理とはすごく遠い物でした。食事中8日間お世話になる先生方と、たくさんお話をしました。食事後、汕頭大学医学院と李嘉誠財団についての詳しい説明を受けました。李嘉誠という方は、自分の父親が結核にかかったが、貧困の為、治療を受けることができないまま亡くなってしまったそうです。その為彼は自分が働いて儲かったお金で、貧困な方も医療を受けられるように、そして、より良い医師を育成、より良い治療法を確立する為に李嘉誠財団を設立したそうです。そのお話を聞いて、本当に素晴らしい方だと感動しました。また、汕頭大学医学院では、7年制と5年制があり、7年制のクラスでは授業を全て英語で受けたり、2年生から実技を練習したり、休日に農村ボランティアに参加したりと、日本では考えられないようなお話が多く、とても刺激を受けました。宿舎は、大学の寮に泊まらせて頂いたのですが、本当に広く、綺麗で、セキュリティーもしっかりしていて、とても快適に過ごさせて頂きました。

 二日目、午前に臨床技能センターを見学させて頂きました。たくさんの人体模型があり、そこで2年生以上の学生が、気管挿管や聴診や静脈注射などの手技を練習していました。すごく恵まれた教育環境でとてもうらやましかったです。その後、汕頭大学のキャンパスを散策させて頂きました。周りきれないほど広く、キャンパス内に湖、川、ダム、テニスコート、プール、そして高い建物がたくさんありました。敷地の広さに驚きました。

 三日目は午前中に潮州地方を観光しました。歴史的な街並みやお寺、日本では見られないような特徴的な集落などを見て、潮州地方で有名な陶器の博物館にも連れて行って頂きました。午後は、遥々山を越え、農村の眼科病院へ行きました。農村では、医療費が都市よりも安いですが、その分、医師の給料も都市に比べると低く、農村での医師不足が進む一方なので、農村では、医師が一人でたくさんの手術をしたり、とても忙しそうでした。また、医師が不足しているため、医師免許を持っていない方が医師をすることもあるそうです。衝撃的な事実でした。ここでも李嘉誠財団の寄付により、貧困な方が白内障の手術を受けることができます。

 四日目は、早起きをして、農村へボランティアに行きました。汕頭大学の医学生のボランティアの方たちと一緒にいきました。農村では、医学生が、血圧を測ったり、視力検査をしていました。自分と同じ三年生だと聞き驚きました。お昼に話す機会があったのですが、すごく綺麗に英語を話し、日本語も少し話せるそうで、魅力的でした。このような農村では、日常的な医療を受けられない方々が、小学校に集まり、病気のスクリーニングを行っていました。また、周りのお家を訪問したり、水道のシステムがないため、浄水器を作ったりしていました。これも李嘉誠財団の寄付により成り立っているそうです。また、お手洗いは、とても簡素な物で、男女も分かれてなく、仕切りのような物もなく、便器のような物もありませんでした。夕食は、中国東北料理を食べました。東北料理は、私たちが日本で食べる中華料理に似たものでした。

 五日目はホスピスに行きました。二つのグループに分かれて、患者の家を訪問しました。医師一人、看護師一人が一緒に訪問します。また、この地方は中国国内でも、とても方言が強く残っているところで、方言しか喋れない方もいて、方言を標準語に換える通訳の方も同行することがあるそうです。日本ではいくら方言が強いといっても、通訳を介したり、今の日本で、標準語を理解できない方がいるという話を聞いたことがなかったので、衝撃をうけました。ホスピスの方々の仕事は、在宅緩和治療という感じのものでした。これも、李嘉誠財団の寄付により、経済的に恵まれない患者が、緩和治療を受けることができます。ここでもまた汕頭大学医学院の学生のボランティアの方々が活動していました。午後からは、ボランティアの学生の方々と、中国と日本の医療制度の違いなどについて話し合いました。

 六日目は、汕頭大学第二付属病院の見学をさせて頂きました。患者が増えて、廊下にもベッドを置いたりしている状況でした。今、新しい病棟を建設中だそうです。最初に、口唇口蓋裂センターに行きました。口唇口蓋裂の発症率は中国では高く、口唇口蓋裂を持って生まれてきた赤ちゃんは、見た目の問題から捨てられてしまったりするそうです。見た目を治せば捨てられることもなく、普通の生活を送ることができるので、これも李嘉誠財団からの寄付で治療が受けられるそうです。私は授業では習いましたが、実際に口唇口蓋裂の患者を見るのが初めてでした。その後、感染病センターへ行きました。結核患者を集める病院が違う所にできたため、こちらでは、肝炎患者がほとんどだとおっしゃっていました。そしてEye Centerへ行きました。ここは香港中文大学と共同で研究を行っているため、設備が整っていました。それから車で少し離れた精神病センターへ行きました。統合失調症の患者が多く入院されていて、とても印象的でした。ここは建物は李嘉誠財団からの寄付で、入院費は自費だそうです。今は満床で、入院待ちの方が多くおられるそうです。

 七日目、汕頭大学第一付属病院に行かせて頂きました。この病院は、中国国内で最高レベルの病院です。敷地がとても広かったです。まず、産婦人科に行き、帝王切開の手術を二件見せて頂きました。オペ着を着るのも初めてで、オペ室に入るのも初めてで、そしてオペを見るのも初めてだったので、とても新鮮でした。その後、救急病棟にも行かせて頂きました。私たちが着いたときに、患者の心肺蘇生を行っているところで、間もなくお亡くなりになられました。患者のご家族の方が泣きながら説明を受けていました。中国語が全くわからない私ですが、雰囲気がとても伝わってきました。この日は、生まれてくる新しい命と、人が亡くなるのと、一日でどちらも体験し、まだ病院実習をしていない自分にとって、とても感銘をうける一日となりました。

 八日目の最終日は、朝早く出発し、空港まで送って頂きました。八日間本当にお世話になりました。こ今まで知らなかったことをたくさん知ることができ、今までしたことのない体験をたくさん経験することができ、自分が成長できたと思います。今回この研修に参加する機会を下さった波田副理事長、協和会国際交流基金、そして現地でお世話になった程先生を初めとする先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.