広報
兵庫医科大学医学会
海外研修報告

クロアチア共和国リエカ大学医学部交換留学を終えて (2010.8.30~9.24)

● 友澤 翔さん (第5学年次)

 今回、クロアチアのリエカ近郊にあるロブラン整形外科病院で、8月30日から9月24日の1ヵ月間、交換留学生として臨床実習を経験させて頂きました。私にとって留学は初めての経験で、出発前は不安でいっぱいでした。しかし、せっかく行かせていただけるこの留学の機会を無駄にしてはいけないと思い、出発前はしっかりと勉強することができました。もともと英語が喋れるという方ではなかったのですが、1カ月間積極的に話しをするうちに、最後にはリスニングやスピーキングの能力が上がってきたと自分でも思えるくらいになってきました。

リエカにて
リエカにて

 実習は毎朝7時半からのカンファレンスで始まり、その後回診・手術と実習を行いました。病院自体は日本とあまり変わらない印象でしたが、ロブラン病院にはMRIやCTはなく、レントゲンだけで色々な手術を行っていて、医療機器のレベルは日本と異なっていました。

 実習では主にレジデントの先生と一緒に回らせて頂きました。どの先生もとても優しく教育熱心で、手術中に解剖学的なことや病気・手術について、詳しく英語で説明して頂きました。クロアチアでは全てが英語なので、会話中に分からなかった単語は、その場か寮に帰ってから調べ、毎日少しずつ単語を覚えていくにつれ、英語で軽いディスカッションをするまでに上達することができ、現地で英語を使って学ぶことは、日本で勉強するより何倍も理解できると実感しました。

 クロアチアでは、物価の違いもありますが、日本に比べ給料が安いそうですが、先生方は「整形外科医は皆この仕事に誇りを持っていて、常に整形外科について考えている。」とおっしゃっていて、非常に感銘を受けました。

 今回このプログラムを通して、本当に貴重な体験をさせて頂きました。日本の医療環境の良さ、海外での医学における英語の重要性など、日本ではあまり見えてこなかった部分を見ることができ、私自身の視野も広がったと思います。そして何より、たくさんの友人が出来たこと、外国での生活を体験できたことなど、たった1ヶ月間でしたが、このプログラムで得られたことは計り知れないと思います。

 今回クロアチアで受けた体験やたくさんの刺激を忘れず、残りの学生中の勉強や医師になってからのモチベーションを高めていくのに生かし、より良き医師になるために成長できるよう頑張っていこうと思います。

リエカの新聞に載りました
リエカの新聞に載りました

ロブラン病院の医師達と
ロブラン病院の医師達と

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.