広報
兵庫医科大学医学会
海外研修報告

クロアチアでの病院実習を終えて (2010.8.30~9.24)

● 北村 江理さん (第5学年次)

 クロアチア・リエカ大学で交換留学生として8月末より4週間、病院実習をさせていただきました。以前より海外留学には興味があり、英語でのコミュニケーションカを身につけたいと思っていました。しかしクロアチアでは公用語がクロアチア語ということで不安もありましたが、日本とは違った地での医療を身近で知れるということは貴重な体験であると思い、今回参加させていただきました。

 ク口アチアの病院では呼吸器内科、循環器内科、腎・透析科、消化器内科をそれぞれ一週間ずつ回らせていただきました。呼吸器内科ではCOPDの患者がほとんどで、クロアチア人のほとんどがタバコを吸うということに驚かされました。

 病院内では全てク口アチア語でしたが、どのドクターも英語が流暢で、私に英語で熱心に説明してくださり、医学英語を分かりやすいように言い換えたりしてくださって、英語の勉強にもなりました。

 循環器内科では、同じ研修に参加した辰巳さんと一緒に回りました。リエカ大学では、病室はカーテンや仕切りがなく男女同じ部屋だったりと、日本と違うところもありましたが、医療機器は日本と変わらないほどでした。

 腎・透析科では透析前の患者さん教育に一緒に参加させていただきました。またエコー、腎生検も見学しました。ク口アチアの食事はカロリーの高いものが多く、入院している患者さんのほとんどが肥満で血圧も日本では考えれない数値で驚かされました。

 消化器内科では内視鏡検査・エコーを主に見学し、私自身も患者さんにエコーを実施させていただきました。クロアチアでは肝炎の原因が日本と違ってアルコール性が多いと間きましたが、強いお酒を顔色変えずに飲んでいたクロアチアの方をみると納得がいきました。また最終週には内科学会にも同行させていただきました。

 週末は今回一緒に参加した2人と世界遺産に行ったり、アドリア海の美しい海で泳いだりしました。交換留学で日本に来る学生とも交流でき、たくさん友達ができるなど充実した毎日を送ることができました。

 医師という職業は、クロアチアでは日本ほど魅力的ではなく、就職先を見つけるにも大変苦労すると聞き残念に思いましたが、出会ったドクターは日本のドクターと変わらず熱心で、医師という職業に誇りを持っていました。また女性のドクターが多く驚かされました。

 今回このようなプログラムに参加することができ、たくさんの人と出会い異文化コミュニケーションができたこと、日本と違った医療を見れたことは私にとって大きな経験であり、将来きっと役に立つと信じています。

終了証を頂いて
終了証を頂いて

リエカの港
リエカの港

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.