広報
兵庫医科大学医学会
海外研修報告

中国の汕頭大学医学院留学を終えて (2009.9.21~9.27)

● 中野 真依さん (第5学年次)

汕頭大学正面玄関にて
≪汕頭大学正面玄関にて≫

 平成21年9月21日~27日の1週間、李財団の支援を受け、中国の汕頭大学医学院に留学させていただきました。このプログラムが本学で初めてのものであることや、私自身が中国に行くのが初めてということもあり、出発前はとても不安でした。しかし、そのような不安も、汕頭の空港で兵庫医科大学への留学経験を持たれる先生方に日本語で迎えていただいた時には、これから始まることを楽しみに思う気持ちに変化していました。

 今回、支援いただいた李財団は、設立者の李嘉誠さんの(1)医療人の育成(2)口唇口蓋裂の子供達への支援(3)白内障の方への支援(4)医療ボランティア活動という4つの理念をもとに、中国全土にわたりたくさんの施設やさまざまな活動を提供されている財団で、(2)から(4)は全て無料で提供されています。

口唇口蓋裂センター正面
≪口唇口蓋裂センター正面≫

 私達は李さんが設立された汕頭大学、 汕頭第一・第二病院、白内障センター、口唇口蓋裂センターの見学と医療ボランティアへの参加をさせていただきました。第1日目の病院見学から、日本との違いに驚かされました。人口が世界一ということもあり産科病棟では廊下までベッドが溢れており、病棟に入るのにも人数制限している程でした。また口唇口蓋裂センターの術後サポートの重要性には中国語の発音の難しさが関わっているのではないかと感じました。というのも「中国内での“方言”は日本語のように少し語尾が違うという程度ではなく、『外国語か?』という程に違いがあるのですよ」と先生方がおっしゃっていたからです。

 そのようなさまざまな言葉が行き交う国で、コミュニケーションが重要な“医師”という仕事をされている先生方に、私は日本の先生方に対するものとは別の、尊敬の念が生まれました。医療ボランティアの参加からは「医療を提供する心になんの隔たりもない」ということを実感させられました。

 今回の留学を通して、ここには表現しきれない程のたくさんの経験をすることができ、改めて自分の肌で異文化に触れることの大切さを感じました。年齢や時間的な余裕から考えても、異文化に触れていろいろな感情を抱き、たくさんのことを吸収して柔軟な考えを持てるようになるためには、学生時代がBESTではないかと思います。私自身も、今回の経験を生かして、これからもできる限りいろいろなことに挑戦していきたいと思います。

医療ボランティアが行われた学校
≪医療ボランティアが行われた学校≫

学生の病院実習に参加
≪学生の病院実習に参加≫

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.