広報
兵庫医科大学医学会
海外研修報告

中国留学を経験して (2009.9.21~9.27)

● 中島 優さん (第5学年次)

 9/21から9/27までの1週間、私達5年生5人は中国の汕頭(スワトウ)大学に留学させていただきました。短い期間ではありましたが、汕頭大学や大学病院、精神科の入院施設、ホスピス、農村部のボランティア活動などを見学させていただきましたが、日本と比較して異なることがたくさんあることに気付きました。まず、病院に行くと病室が満員のため廊下にベッドが置かれて寝かされていたり、お見舞いに来る人が自由に病室に入ることができずに制限されて、多くの人が外で密集しているなど、これらの光景には少し驚きました。また、予想以上に医療現場では女性医師が多く、見学した小児科やNICU、産婦人科などをはじめいろんな科で女性医師が働いていました。私のイメージでは中国では女性の地位が低く見られて、医師は男性ばかりかと思っていましたが、全くそんなことはありませんでした。

 汕頭大学病院では、貧しい人達への医療支援を行っており、口蓋裂や白内障の手術、ホスピスの支援、農村部での診察などをある一定の収入を下回る世帯には無償で行っています。(これら無償で行われている医療には、全て汕頭出身のリ カシンさんという大富豪の方から資金提供されているようです。)なぜ口蓋裂の手術を無償で行っているのか疑問でしたが、口蓋裂の子どもが治療を受けられないことにより周りから差別されたり、家から出ることを禁じられたりするケースがあるためだそうです。これからの未来に大きな可能性を持つ子ども達のために無償で医療を提供することは、とても素晴らしいことだと思いました。

 今回の中国留学を通してとても残念だったことは、自分の英語力のなさでした。施設見学時など、平易な英語で先生方は説明していただいたようなのですが、その内容の半分程度しか理解できず、また会話もスムーズにいかず心残りでした。改めて英語を勉強することの意義を再認識させられました。ただ、そんな英語がなかなか通じない環境にあっても、観光地に行ったり先生ご夫妻と卓球をしたり、餃子パーティーを開いたりしていただき、現地の方々と交流を深めることができたのは、私にとってとても楽しい時間を過ごすことができ、大変有意義な中国留学でした。

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.