広報
兵庫医科大学医学会
海外研修報告

リエカ大学病院(クロアチア) 2008.6.29~7.30

● 桝田 智仁さん (第5学年次)

地元の新聞で紹介されました
≪地元の新聞で紹介されました≫

 兵庫医科大学とクロアチアのリエカ大学間で締結した交換留学制度の第1期生として、2008年6月29日から7月30日までの約1ヶ月間私を含めた3人は、リエカ大学病院で実習を行いました。ほぼ同時期にはリエカ大学から学生3名が兵庫医科大学病院にやってきて実習を行っていました。

 私はリエカという都市に滞在し、実習では産婦人科を選択しました。1週目は不妊治療を、2週目は産科を、3週目は手術部と分娩室を、4週目は新生児治療を見学しました。実習は朝8時の全体ミーティングから始まります。このミーティングは産婦人科病院の医師全員とコメディカルスタッフの一部が集まり、前日の新患や注意事項、学会の報告などを行い、たまに冗談も飛び交う和やかな雰囲気で行われていました。

 クロアチアの医療は、婦人科手術に内視鏡手術を積極的に取り入れるなど日本と比べて遜色ないように感じました。ただ驚いたことは、手術時間の短さです。おそらく日本の手術時間の2分の1くらいに感じました。手術時間が短いということは、患者さんの負担が少ないという点では良いことかもしれませんが、少し不安にもなりました。

 クロアチアの医療制度に関して言えば、かなり手厚いと感じました。正常分娩も含めて医療費はタダですし、救急車には医師と看護師が必ず同乗し救急現場に向かうなど日本よりも充実した点がたくさんありました。また、この医療制度を話してこられる先生方は、この制度を非常に誇りに思っているのがとても印象的でした。

 それぞれの科の先生方は非常に教育熱心で、とても良くして頂きました。私の話す分かり難いであろう英語にもきちんと耳を傾けていただき、熱心にいろいろなことを教えてもらいました。

 休日には世界遺産に認定され、美しい街並みで有名なドブロブニクやローマ時代に建築された円形球技場があるプーラなどに行きました。

ロシアからの留学生と食堂で働く職員と
≪ロシアからの留学生と食堂で働く職員と≫

 実習を通して強く思ったことは、今や国際語となった英語の大切さです。英語さえ話すことができれば、本当にいろいろな国の人と交流ができ、自分が知らなかった情報や考えもしなかった価値観に触れることができる、これは本当に素晴らしいことだと思います。また、海外で生活することの困難さ・楽しさを身をもって体験できたことは、本当に貴重な経験になったと思います。この経験をこれからの人生に生かせるよう、勉学に励みたいと思います。

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.