広報
兵庫医科大学医学会
海外研修報告

マイアミ大学 ジャクソン病院(アメリカ) 2008.8.25~9.15

● 長浦 貴史さん (第6学年次)

 このたび、フロリダ・マイアミにあるジャクソン記念病院の移植外科にて2週間の実習をさせていただきました。

医局にて
≪医局にて≫
正面玄関前にて
≪正面玄関前にて≫

 この病院は、病床数約1500床を誇る南フロリダ最大の総合病院であり、U.S.Newsが選ぶAmerica’s Best Hospitalsにも選ばれています。移植をはじめとする数々のトレーニングプログラムがあり、米国各地よりレジデントやフェローが集まってきています。移植外科は、肝臓チームと腎臓チームに分かれており、私はそれぞれ1週間ずつの実習を行いました。
  英語に関しては、あまり得意ではなく医学英語を学んだ程度でかなり不安でしたが、予想以上に「案外いけるかも」というのが最初の印象でした。国が違っても、病気について話す内容はほとんど変わらないため、なんとか英単語を拾っていけばイメージがつかめました。聞き取りにくい場合は、しつこいくらいに聞き返し、諦めずに何度も聞くことは非常に重要でした。
 そんな時でも先生方は親切に教えてくれ、患者さんからも応援の言葉をかけてもらったりして励ましてもらいました。
 アメリカでの実習は、受け身では何も始まりません。常に自分の存在をアピールすることが大切だと感じました。そうすれば、「次はこんな手術、検査があるけど見にくるかい?」と声をかけてもらえるようになりました。

 日本ではあまり行われていない移植ですが、この病院では世界中から患者さんが集まってくる関係上、2,3日に一度くらいの頻度で移植手術が行われています。見学させてもらう時は、術中でも先生方はいろいろと説明してくださり、大変勉強になりました。
 移植チームには、医師、看護師、移植コーディネーターのほか、日本ではあまり聞きなれないコメディカルの人たちで構成され、患者さんをあらゆる面からサポートしている様子も見学することができました。

 今回、このように大きく違った角度から医療を見ることができ、私にとって大変貴重な財産となりました。この経験を将来役立てられるよう努力してがんばりたいと思います。また、今後多くの後輩たちがこのような経験をし、兵庫医科大学の更なる発展につながればと思います。

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.