医学部医学科
資料請求
情報の公表
図書館
兵庫医科大学医学会

教育の特色と改革

兵庫医科大学の教育概念図

教育の特色

良医へとステップアップする「知・医・技」の学び

1.「知」の学びで、幅広い一般知識を身につける

 小人数制のチュートリアル教育により、学生が自ら学ぼうとする自主性や問題解決能力を養います。また、豊かな人間性を育むための教養を身に付け、良医への志を高めます。


2. 専門知識を培い、研究を深める「医」の学び

 日々進歩する高度な医療技術を、先端の研究体制を駆使して探究。基礎から臨床まで全科横断的なカリキュラムを通じて、教育・研究に携わる優れた専門家を育成します。  


3. 先進の臨床現場で「技」の学びを実践する

臨床実習 これまでの医学知識をより確かなものとするため、臨床の場でスタッフの一員として診療に参加。実際の医行為を通して、医師として必要な態度、技能、知識を習得します。


4. 医師国家試験に合格、研修医としてスタート

 6年間の学びを終え、「医師国家試験」を受験。医師資格を取得後、臨床研修プログラムを経て、臨床医や研究者、大学院などへと進みます。


 

教育の方針

 現在、21世紀の医学・医療を見据えて医学教育は大きな変革期を迎え、3つの改革が同時に進められています。その変革とは、1つにはモデル・コア・カリキュラムの決定、2つ目は全国共用試験(臨床実施開始前の学生評価のための共用試験システム)の実施、そしてクリニカル・クラークシップ(診療参加型臨床実習)の導入です。
 本学では、このような医療教育改革の方策を受け、新しい教育カリキュラムを構築し、他に先駆けて本学独自の4つの改革方針を打ち出しています。

1. 学習意欲を刺激する統合カリキュラム

 自ら学ぶ姿勢を持つ学生を育成するために、体験型学習やチュートリアル教育を重視しています。またモデル・コア・カリキュラムに即した臓器別統合カリキュラムにより、一つの臓器に関して基礎から臨床までを統合的に学びます。


2. チーム医療に適応できるコミュニケーション能力の養成

 チーム医療がますます重視される昨今、人と人とをつなぐコミュニケーション能力は、スタッフ一人ひとりの能力を引き出す潤滑油であり、しなやかな思考力が備わっている学生時代にその能力をしっかりと養成します。  


3. 全国共用試験、医師国家試験に対応した教育

臨床実習前の全国共用試験〈知識を問うCBT(Computer Based Testing)と態度・技能を問うOSCE(Objective Structured Clinical Examination)〉、および医師国家試験に対応する万全の対策を整えています。


4. 問題解決能力の高い実践的な臨床医の育成

 学んだ知識をより確かなものにするために、見学型臨床実習に加えて、内科/外科にクリニカルクラークシップを導入。問題解決の思考プロセスを学び、臨床医に必要な態度と技能、知識を習得します。

 個の教育の基本方針に基づいて、医師としてのやりがいと希望を与える教育を行い、本学は将来の医学・医療を切り拓く研究の進展に寄与する研究者および教育者の育成、ならびに国民の多様かつ高度な医療サービスに対するニーズにこたえる人材の育成を目指しています。また、医学教育センターを設置し、充分な学習支援も行っています。

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.