医学部医学科
資料請求
情報の公表
図書館
兵庫医科大学医学会

外科学(上部消化管外科)

講座(部署)紹介

  1. 進化する医療光学技術に対応した、消化管の局所臨床解剖の解明と検証
  2. 人工知能(Ai)を活用したロボット手術あるいは自動手術の開発に向けた基礎的研究
  3. 食道・胃悪性疾患の手術を中心とした集学的治療による予後改善に向けた研究
  4. 胃癌における間質反応や転移形成の基礎研究を通じた休眠療法の研究

研究の現状

概要

上部消化管外科では、食道癌・胃癌の外科的治療に関する基礎的・臨床的研究を行っている。また、臨床研究を通した日本発の標準的治療の確立にも貢献している。

主題

  1. 上部消化管の局所臨床解剖の解明と検証
    近年、進歩した光学技術の導入によって、消化器外科手術は過去に例をみない速さで高度化している。従来の古典的解剖学は外科学の根底となる人体の構造を解明してきたが、現在の医療光学がもたらす鮮明かつ精細な映像は、既に、ホルマリン固定された死体の観察を基に描かれた解剖図譜の情報をはるか凌駕している。にもかかわらず、現状、外科医はその恩恵を享受するに足る手術地図を持ち合わせていない。これまで内視鏡手術を通じて蓄積してきた消化管、とくに食道、胃の生体における微細解剖を、腸間膜(mesentery)の共通構造の観点から整理しつつ、最新の画像診断技術や形態学的検索法を駆使して検証、可視化し、新しい消化器解剖図を作成することを目指す。
  2. 人工知能(AI)を活用した手術の開発に向けた基礎的研究
    現在いくつかの分野で、人工知能(artificial intelligence、AI)を使ったロボット化、自動化が試みられている。消化器外科の分野でも手術ロボット「da Vinci」が臨床で使われ始め、腹腔鏡手術の弱点である鉗子動作の制限や手振れ、二次元環境での操作といった弱点を克服する革新的手術として注目されている。将来的には患者個々の解剖情報や腫瘍の状態をAIが判読し、あたかも3Dプリンターでものを形成するように最適な層で剥離、切離し対象臓器を摘出する“自動手術”が実現することも期待される。そのような時代に向け、産学あるいは医工連携で基礎的研究を行う。
  3. 高度リンパ節転移を有する胃癌に対する新規治療法開発に関する研究
    術前化学療法後に拡大手術を実施する治療に関して最良の化学療法を検討している。現時点では、TS-1+シスプラチン2コース後の拡大手術が暫定標準治療と見なされているが、これを上回る3剤併用治療の評価やHER2陽性胃癌に対する分子標的治療の評価を実施する。
  4. 臨床ステージ2症例における補助化学療法に関する研究
    術後1年間のTS-1が現在の標準治療であるが、大腸癌などの標準投与期間である6ヶ月投与でも十分ではないかという考えもあり、両者を第3相比較試験(非劣勢試験)で検証する臨床試験を行っている。
  5. 腹膜転移胃癌症例に関する研究
    高度腹水を伴うまたは経口摂取不能の腹膜転移を有するステージ4胃癌に対する2剤(5-FU/l-LV )療法と3剤(5-FU/l-LV+PTX)療法の生存期間の改善における第2・3相臨床試験を行っている。
  6. スキルス胃癌に多い腹膜播種転移の成立機序と治療に関する基礎研究
    がん細胞周囲の微小環境が癌細胞の浸潤や増殖・休眠に及ぼす影響の研究を行っている。胃癌に対する新しい治療法の開発につながることが期待される。
  7. 微小転移の研究
    CTや血液検査(腫瘍マーカー)では見つけることができない微細な転移を簡単に診断できれば、不必要な化学療法は無くなり癌治療は大きく進歩する。当教室では学内外の様々な研究室との共同で最先端の微小転移研究を行っている。

自己評価・点検及び将来の展望

当講座ではこれまで、外科医療、とりわけ「がん」の外科治療の臨床研究を最重点課題として行ってきた。日本臨床腫瘍グループ内の胃がんグループにおける活動が主であり、対象が少しずつ異なる複数の臨床試験に患者の登録、治療実施、経過観察を行っている。これにより、医局員に対するEBMの考え方、臨床研究倫理の考え方などの教育的効果も絶大であった。基礎研究に関しては本講座の症例を用いた胃がんのがん間質反応や微小転移の研究を学内外の複数の施設と共同で進めている。胃がんと食道がんの治療成績のさらなる向上はもちろん、今後はより積極的に臨床研究に参加すること、分子標的薬を取り入れた治療研究を行うこと、ゲノム・トランスクリプトーム・プロテオーム解析や血液中の循環がん細胞などの基礎研究の結果から、簡便で実用的な微小転移診断などを開発して化学療法の効率化などを実施していきたい。さらに、新しい研究課題として臨床解剖の解明と検証を当講座のメインテーマの一つとして掲げたい。解剖学は古典的学問ではなく、手術の進化とともに求められる精度が上がり、それに応じてさらに高度化する可能性を秘めた学問である。手術器具の進化や医療光学の進歩に適応した、臨床局所解剖学の確立は消化器外科学分野における喫緊の課題である。さらに新しい画像診断技術やAIを活用すれば、手術は将来的により機械化、自動化の方向に進むことは間違いない。外科医ならではの発想で、そうした時代を見据えた基礎的研究を進めていきたい。

01.jpg
篠原 尚 主任教授
責任者|
篠原 尚(主任教授)
専門分野:消化器外科学・臨床解剖学・腫瘍外科学
准教授| 菊池 正二郎、竹村 雅至
講師| 倉橋 康典、石田 善敬
TEL| 0798-45-6767
FAX| 0798-45-6764

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.