医学部医学科
資料請求
情報の公表
図書館
兵庫医科大学医学会

内科学(リウマチ・膠原病科)

講座(部署)紹介

当教室では対象疾患として、関節リウマチのほか、膠原病・アレルギー・自己炎症性疾患と幅広く、免疫に関連する疾患を扱っている。特に、免疫チェックポイント阻害薬(癌治療の最先端の治療)においても多彩な自己免疫疾患を起こす副作用に対しても診療を行っている。臨床医学系の教室である利点を生かして、実臨床で得られた結果を基礎医学的な面から詳しく解析することや基礎研究で得られた結果を実臨床にフィードバックさせ、診療に生かすことを目指している。先進医療に関する臨床的研究では、生物学的製剤に関する修学的解析のほか、臨床治験や既存薬剤の適応拡大に関する臨床研究も積極的に取り組んでいる。
リウマチ性疾患、膠原病、アレルギー疾患、自己炎症性疾患は全身の諸臓器に、免疫異常を基礎とする非常に多彩な病態を来す。そのため学内はもちろんのこと、国内外の他施設(他診療科や基礎医学系の研究施設など)と密に連携していることも当科の特徴の1つと言えるだろう。

研究の現状

概要

リウマチ・膠原病、アレルギー、自己炎症性疾患のための臨床・基礎的研究、およびこれらの疾患に対する新規治療開発のためのトランスレーショナルリサーチを行っている。

主題

  1. 関節リウマチ関連の研究
    1. IL-2/抗IL-2抗体免疫複合体による関節リウマチの治療
      動物モデルにおいてIL-2/抗IL-2抗体免疫複合体による効率的なiTregの誘導が関節炎の誘導を抑制することを報告している。さらに、解析を進め、臨床応用に向けた研究を発展させる予定である。
    2. 人工抗体affibodyを用いた分子標的治療薬の開発
      人工抗体affibodyが関節リウマチの新規治療法として期待できる。その基礎データを先ず動物実験により検証する。
    3. モノリスカラムを用いたプロテオーム解析による関節リウマチの発症機序の検討
      滑膜線維芽細胞株を用いて細胞から抽出した蛋白質のプロテオーム解析を行い、増加した蛋白質を解析中である。滑膜細胞の増殖や活性化を促進する因子として作用するようであれば、創薬のターゲットとして進める。
    4. 関節リウマチ患者の治療(生物学的製剤、低分子化合物等)前後における骨代謝マーカーの検討
    5. 関節リウマチ患者における治療、副作用の疫学的研究(Ninja, Corrna, Redcapなどデータベースを用いた研究)
    6. 強直性脊椎炎・軸性脊椎関節炎の実態調査:多施設共同研究
    7. SAPHO症候群における臨床像と病因・病態の解析
  2. 膠原病・類縁疾患関連の研究
    1. 多発性・皮膚筋炎での特異的自己抗体・筋炎関連自己抗体と臨床像の関連性の解析
    2. 多発性筋炎・皮膚筋炎、シェーグレン症候群、成人スチル病の原因遺伝子検索のためのゲノム解析:多施設共同研究
    3. 全身性強皮症におけるダーモスコピー所見と臨床像の関連性の解析
    4. YKL-40の全身性強皮症や多発性筋炎・皮膚筋炎における臨床的意義の解析
    5. 膠原病、類縁疾患におけるサイトカインプロファイルからの臨床像と病因的意義の解析
    6. ステロイド抵抗性膠原病・類縁疾患の羊膜間葉系幹細胞(MSC) を用いた治療法の確立 当大学細胞プロセッシングセンターとの共同研究により、基礎的研究と臨床的治療応用の確立を目指している。
    7. シェーグレン症候群におけるCRH/CRH受容体と病態に関する研究
    8. シェーグレン症候群における唾液中EGFの病因的意義と臨床応用の研究
    9. シェーグレン症候群におけるアバタセプトの治療のための臨床研究(多施設共同研究)
  3. アレルギー疾患関連の研究
    1. 食物アレルギー患者におけるアレルゲン同定の研究
    2. アレルギー疾患における舌下免疫療法における効果の検討
    3. アレルギー疾患における抗IgE抗体、抗IL-5抗体の治療効果の検討
  4. 自己炎症性疾患関連の研究
    1. 家族性地中海熱における遺伝子変異と臨床像の検討
    2. ベーチェット病におけるMEFV遺伝子変異と臨床像の検討
    3. 成人スチル病のサイトカインプロファイルと臨床像の検討

自己評価・点検及び将来の展望

近年、リウマチ・膠原病・アレルギー・自己炎症性疾患の進歩は目覚ましく、癌の免疫療法は副作用として自己免疫が見られるようになってきている。それに伴い実臨床における診断・治療においてパラダイムシフトが起きている。その激動の中、我々は基礎的研究・臨床的研究において得られた新知見を国内外の学会や医学誌で継続して報告し、高い評価を得ている。今後、これまでの成果をさらに発展させ、病因・病態に基づく新規エビデンスの構築につなげて行きたい。

佐野 統 主任教授
佐野 統 主任教授
責任者| 佐野 統(主任教授)
専門分野:リウマチ学、免疫学
教授| 松井 聖(臨床教授)
講師| 北野 将康
東 直人
TEL| 0798-45-6591
FAX| 0798-45-6593

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.