医学部医学科
資料請求
情報の公表
図書館
兵庫医科大学医学会

産科婦人科学/周産期センター/生殖医療センター

講座(部署)紹介

  1. 婦人科内分泌疾患および不妊症を中心とした生殖内分泌・生殖免疫分野
    担当 柴原 浩章 主任教授、福井 淳史 講師
  2. 子宮がんや卵巣がんを中心とした腫瘍分野
    担当 鍔本 浩志 講師
  3. 妊娠・分娩を中心とした周産期分野
    担当 田中 宏幸 准教授、原田 佳世子 講師
  4. 出生前診断を中心とした遺伝分野
    担当 澤井 英明 教授
  5. 不育症を中心とした生殖内分泌学・生殖免疫分野
    担当 福井 淳史 講師

研究内容

  1. 不妊症における精子不動化抗体に関する基礎的・臨床的研究
    女性の不妊症患者における抗精子抗体の産生機序の解明とその対応抗原の解析を行っている。
    妊娠成立過程での免疫因子の関与について解明し、不妊症患者における妊娠率の向上を目指した研究。
  2. 早発卵巣不全と抗卵透明体抗体の関連に関する基礎的・臨床的研究
    卵透明帯に対する抗体が、卵の発育・成熟にどのように影響を与えるかに関して、動物実験及びヒト検体を用いて研究をおこなっている。難治性疾患である早発卵巣不全における関与ついて究明してその治療法の開発を目指した研究。
  3. 未熟卵の体外培養および卵巣の凍結保存に関する基礎的・臨床的研究
    ヒトの未熟卵の体外での培養法の確立と卵巣凍結法の開発を目的としたマウスやサルを使用した基礎的研究
  4. 出生前診断についての研究
    様々な染色体および遺伝子異常による疾患の基礎的研究とその臨床応用についての研究。特に骨系統疾患について。
  5. 子宮内膜における着床のメカニズムに関する検討
  6. 子宮内膜癌の発生および浸潤に関する因子の検討
  7. 妊娠の成立と維持における免疫担当細胞の意義に関する研究
    子宮内膜や血液中に存在するNK細胞、T細胞のような免疫担当細胞の妊娠の成立・維持への関与の解明とそれらの機能異常改善を目的とした新治療の開発に関する基礎的・臨床的研究
  8. 受精卵呼吸機能測定に関する研究
    体外受精・胚移植治療成績向上を目的とする胚呼吸測定法を用いた受精卵の新しい評価法を開発するための基礎的・臨床的研究
  9. 子宮内膜症の病態解明に関する研究
    子宮内膜症の発症メカニズムを免疫学的に明らかにするための基礎的・臨床的研究
  10. 安全・確実な内視鏡手術手技の開発
    不妊症症例に対して行われる卵管鏡手術や経腟腹腔鏡手術について、手技をより安全にそして確実にするための手法を開発するための基礎的・臨床的研究

研究の現状

概要
不妊症を含めた生殖医学、周産期、腫瘍に関連した分野についてそれぞれ研究をおこなっている。具体的には卵巣の凍結法と未熟卵の体外培養に関する研究、着床に関連する因子の解析、不妊症・着床不全の免疫学的解析、早発卵巣不全と透明帯抗体との関連についての検討、卵巣における卵発育・成熟に関与するホルモンを含めた因子の解析、新しい胚選別法の開発、胎児の骨系統疾患を含む出生前診断に関連した遺伝子解析の研究、早産などの原因となる感染症の研究、子宮内膜症の免疫学的解析、子宮内膜ガンの浸潤・進展に関する研究、内視鏡手術手技の開発、婦人科悪性腫瘍に対する化学療法の臨床的な検討の研究をおこなっている。


主題
  1. 卵巣組織の凍結保存と解凍法の開発
  2. 未熟卵の体外培養法の確立
  3. 抗卵透明帯抗体と早発卵巣不全との関連についての検討
  4. 先天性骨系統疾患の出生前診断
  5. 造精機能異常患者におけるY染色体微小欠失およびアンドロゲンレセプター遺伝子異常の検討
  6. アンドロゲンの造精機能への影響の検討
  7. 周産期感染症についての研究
  8. 子宮内膜ガンの浸潤の機構についての検討
  9. 着床に関与する因子の検討
  10. 卵巣における卵の発育・成熟因子の検討
  11. 疾患特異的iPS細胞を活用した難病研究
  12. 妊娠の成立と維持における免疫担当細胞の意義に関する研究
  13. 受精卵呼吸機能測定に関する研究
  14. 子宮内膜症の病態解明に関する研究
  15. 安全・確実な内視鏡手術手技の開発


自己評価・点検及び将来の展望
産科婦人科における生殖・周産期・腫瘍の主なすべての分野において基礎的・臨床的研究を進めている。生殖においては、不妊症の治療法を開発することが、少子化対策としても臨床上大変に重要なことである。現在行なっている未熟卵の凍結培養技術の開発は今後予想される卵子バンク構想と関連し臨床応用が期待される分野である。また、造精機能や卵巣機能に関連するアンドロゲンなどのホルモン因子の作用機序の解明も配偶子の形成に関与する治療法の開発に重要である。卵透明体抗体と早発卵巣不全の研究は、難治性の排卵障害の治療法の開発に重要である。さらに、着床に関与する因子の検討も不妊症・不育症の治療法の開発に重要である。次に妊娠後の胎児異常の出生前診断は、異常児の周産期管理を実施する上で重要である。さらに、早産や未熟児管理におけるureaplasma感染を含めた各種炎症反応との関連を明らかにすることも周産期管理に不可欠である。腫瘍では子宮内膜ガンの浸潤メカニズムの解析はガンの浸潤・転移に対する治療法の開発の基礎的なデータとして重要であり、実地臨床における抗がん剤治療の方法の確立も患者のQOLの向上等を考え、非常に有益である。このように、今後も臨床と関連した分野で、臨床応用を目指して様々な基礎的かつ臨床的な研究を進めていく予定である。一方で、現在、また発表論文数も少なく、形として明らかな結果は不十分であるが、研究助成も多く受けていので、今後研究をさらに進めて成果を上げるように努力したい。

柴原 浩章 主任教授
柴原 浩章 主任教授
責任者| 柴原 浩章(主任教授)
専門分野:生殖医学(不妊症、体外受精、不育症)、産婦人科一般
教授| 澤井 英明
准教授| 田中 宏幸、鍔本 浩志
講師| 原田 佳世子、福井 淳史
TEL| 0798-45-6481
FAX| 0798-46-4163

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.