医学部医学科
資料請求
情報の公表
図書館
兵庫医科大学医学会

神経眼科治療学

講座(部署)紹介

当該研究室は平成28年4月より寄附講座「神経眼科治療学講座」として開設された。講座は三村 治特任教授、木村 亜紀子准教授(兼任)、石川 裕人講師(兼任)より構成されている。研究の主体をなすものは神経眼科疾患の病態の解明とそれに基づいた治療法の開発と確立である。

研究の現状

概要

神経眼科疾患は主に視神経疾患、眼位・眼球運動障害、眼瞼疾患よりなる。このうち視神経疾患では視神経炎(抗AQP-4抗体陽性視神経炎、脱髄性視神経炎を含む)および遺伝性視神経症を、眼位・眼球運動障害では麻痺性斜視および中枢性眼球運動障害を、眼瞼疾患では本態性眼瞼痙攣および眼筋型重症筋無力症を対象とした病態の解明と治療法の開発・確立を目指している。



主題
  1. 視神経疾患の治療:
    従来の治療法では効果の乏しい難治性視神経炎に対して、免疫グロブリンの大量静注療法の多施設での治験を主導している(現在供給元の化血研の不祥事のため中断中)。また遺伝性視神経症のLeber遺伝性視神経症では医師主導のミトコンドリア代謝機能改善作用のあるイデベノン大量内服療法の治験を行っている(UMIN000017939、R000020747)。さらに優性遺伝性視神経症に対しても同剤の投与を計画中である。
  2. 眼位・眼球運動障害の治療:
    すでに斜視および麻痺性斜視の手術件数では全国一の実績をあげているが、さらに治療法の確立されていない核上性眼球運動障害の眼振、注視麻痺、輻湊痙攣などに対して、2015年6月外眼筋に対しても適応拡大が認められたA型ボツリヌス毒素を外眼筋手術に組み合わせて実施することにより、新たな治療法の開発につなげたい。
  3. 眼瞼疾患の治療:
    本態性眼瞼痙攣に対してはA型ボツリヌス毒素注射を第一選択として、日本で第2位の診療実績をあげているが、今後はさらに効果減弱例に眼輪筋切除およびミューラー筋縫縮術の併施などを加え、患者の満足度の向上を目指す。さらに眼筋型重症筋無力症では日本で最多の治療実績をあげているが、従来の抗コリンエステラーゼ薬やステロイド薬中心の治療から、タクロリムスなど新たな免疫抑制剤中心の治療にシフトしていく予定である。


自己評価・点検及び将来の展望

すでに麻痺性斜視や眼振、眼球運動障害患者については全国の大学病院などから多くの患者の紹介を受けており、その成果についても高い評価を受けている。また遺伝性視神経症に対するイデベノン大量内服療法の治験に関しても紹介、あるいはUMINを閲覧した一般患者の受診が相次いでいる。A型ボツリヌス毒素の斜視の治療に関しても2016年3月末の全国実績117例のうち当院で41例の実施があり、今後も神経眼科疾患患者の治療数は増加するものと考えている。




三村 治 特任教授
責任者| 三村 治(特任教授)
准教授| 木村 亜紀子(兼任)
講師| 石川 裕人(兼任)

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.