医学部医学科
資料請求
情報の公表
図書館
兵庫医科大学医学会

外科学(下部消化管外科)

講座(部署)紹介

下部消化管外科全般の診療研究を行っています。先年から独立した炎症性腸疾患(IBD)外科とも連携を持って、主に大腸癌を中心に年間数百例の外科手術と中心とした集学的治療を行い、患者さんの予後とQOLの向上に努めています。

良性疾患では大腸憩室炎、癒着性腸閉塞、虚血性腸炎等をベースとした急性腹症の手術の他、直腸脱・痔疾患・種々の腹壁ヘルニアなど幅広く行っている他、従来から家族性大腸腺腫症の診療症例数は本邦ではトップレベルで、手術も腹腔鏡下大腸全摘を標準として整容性・QOL向上に努めています。専門とする大腸癌に対しては、腹腔鏡下手術を中心とした外科手術と術後化学療法により、良好な治療成績を得ており、他院で温存不可能な下部直腸癌に対しても、術前放射線療法と化学療法を組み合わせて、出来る限り肛門温存を図っています。また切除不能の進行再発症例に対しても、全身化学療法や肝動注療法も含めた集学的治療で極めて良好な治療成績を収めています。

研究面では、大腸癌の発生・進展・転移機構の分子生物学的研究を中心に豊富な臨床症例を基盤にした幅広い臨床研究を行っています。

研究の現状

概要
当科では、下部消化管(小腸・結腸・直腸・肛門)のすべての外科的疾患を扱い、従来、大腸癌グループと炎症性腸疾患グループの2グループに分かれて診療を行ってきた。 IBD講座外科の設立後は、両外科で連携を取って大学病院としての専門的な診療・研究および教育を行っている。診療面では、大腸癌の集学的治療、下部直腸癌に対する肛門温存手術、および遺伝性大腸癌診療を中心に、研究面では、直腸癌術前化学放射線療法の効果予測、colitic cancerも含めた大腸発癌の分子機構の解明、大腸癌治療の種々の臨床試験など、いずれも消化器内科、放射線科、病理部、臨床遺伝部など他診療部門との緊密な連携の下に高度な診療・研究体制を取っている。


主題
  1. 大腸癌の集学的治療:
    大腸癌の治療成績向上の大きな課題である肝・肺転移患者の治療について、従来の多剤併用化学療法に新たな分子標的治療薬を加えたコンビネーション治療を行い、転移巣の治癒切除率(R0切除率)の上昇、最終的には予後の向上をめざしている。抗癌剤の選択にあたっては、治療効果の向上,副作用の軽減をはかるため、個々の患者の遺伝子多型、腫瘍組織における薬剤感受性評価に関する分子生物学的研究を行い、個別化医療の実地臨床への応用をめざしている。
  2. 下部直腸癌に対する肛門温存手術:
    直腸癌における自然肛門の温存率の向上をはかるために、術前化学放射線療法(CRT)の併用、手術器械の改良・工夫、および経肛門的手術手技の改善を行っている。後者においては、潰瘍性大腸炎に対して当科で従来から行っていた大腸全摘・J型回腸嚢肛門吻合における直腸粘膜剥離の手技をベースとして、進行直腸癌に対しても安全確実な経肛門手術手技の確立・標準化を目指して研究を続けている。また進行下部直腸癌に対する術前CRTについては、多施設共同臨床試験に参画すると共に、CRT前の生検腫瘍組織の遺伝子発現プロフィール解析からの感受性予測の研究を進めている。
  3. 遺伝性大腸癌の診療・研究:
    大腸には家族性大腸腺腫症とリンチ症候群の二つの遺伝性大腸癌がある。いずれも原因遺伝子の多くが単離同定され、適応を選んで個々の遺伝子診断も可能であるが、遺伝子変異と発生する腫瘍を含めた表現型との関連など不明な部分も未だ多く、遺伝子型の解析による適切な治療やサーベイランス方針の決定などの期待が大きい。当科では、従来からこれら遺伝性大腸癌の症例が多く、これら臨床例を対象に基礎研究室および臨床遺伝部・産婦人科など関連科との共同研究を積極的に行っている。
  4. 近年の食生活の欧米化に伴って我が国でも潰瘍性大腸炎、クローン病などの炎症性腸疾患(IBD)が増加している。同時に、IBDの長期経過例における大腸発癌、colitic cancerも増加しており、炎症を背景とする発癌として注目されている。当科では、IBD外科との共同研究として、このcolitic cancerの手術標本から癌部のDNAを抽出し、whole genome sequencingにて遺伝子変異の網羅的解析を行って遺伝子プロフィールを他の大腸癌のそれと比較することにより、炎症による大腸発癌の分子機構の解明を目指し、根本的な治療法の開発に向けての研究を行っている。
  5. 進行再発大腸癌患者の生命予後は近年飛躍的に延長しているが、それは肝転移切除等の外科的手術手技の進歩と共に新規抗癌剤や分子標的治療薬をベースとした全身化学療法の進歩によるものである。大腸癌の化学療法におけるキードラッグの一つであるL-OHPについて、感受性の異なった大腸癌細胞株を樹立し、L-OHP感受性・耐性の分子機構を明らかにすべく研究を行っている。


自己評価・点検及び将来の展望
臨床医学の中心的な診療科の一つである消化器外科を扱う当科においては、まずは個々の患者の利益に直結する臨床命題を最優先として診療・研究・教育を遂行していきたい。その上で、将来の外科学・消化器外科学の発展に何らかの貢献を為すことも大学の臨床講座としては必要不可欠であると考えている。高い診療レベルの維持、臨床研究の推進、医師および医学生の教育、いずれにおいても症例数は重要な要素である。当科は、従来、潰瘍性大腸炎等の炎症性腸疾患の手術件数においては全国トップレベルであったが、現在、IBD外科は別個に独立した形となり、今後は、大腸癌も含めた大腸疾患全般において我が国のトップレベルの症例数と手術成績を達成・維持していけるよう努力したい。同時に、大学病院の使命の一つでもある学術分野での社会貢献に関しては、臨床講座として全国規模の臨床治験や多施設共同臨床試験に積極的に参画して本邦のエビデンス構築を図ると共に、基礎講座との連携・共同研究を推進して、消化器癌の診断・治療に寄与する基礎研究も行っていきたい。

冨田 尚裕 主任教授
冨田 尚裕 主任教授
責任者| 冨田 尚裕(主任教授)
専門分野:下部消化管
准教授| 池田 正孝
講師| 野田 雅史、山野 智基、塚本 潔
TEL| 0798-45-6370
FAX| 0798-45-6373

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.