医学部医学科
資料請求
情報の公表
図書館
兵庫医科大学医学会

内科学(肝・胆・膵科)/肝疾患センター

講座(部署)紹介

本学は兵庫県唯一の肝疾患連携拠点病院であり、肝疾患を中心に肝・胆・膵に亘る研究を行っている。

  1. 肝・胆・膵疾患の病態、診断並びに治療に関する研究
    ウイルス性肝炎に関する臨床・基礎研究を行い、厚生労働省の班会議研究に参加し、最先端治療である治験活動にも取組み、治療成績の向上を目指している
  2. 肝疾患・肝がんの画像診断と治療に関する研究
    超音波センターと共同で非侵襲的肝硬度測定の研究や開発に携わり、肝がんに対する内科的局所治療の改良と分子標的薬治療の成績向上を目指している。
  3. 肝疾患の栄養療法に関する研究
    科学的データに基づいた個別の栄養評価と治療により、非代償性肝硬変の予後延長とQOLの改善を図る研究を行っている。
  4. 胆膵系疾患の診断と治療に関する研究
    超音波内視鏡を用いた悪性腫瘍に対する内視鏡的診断の向上や食道静脈瘤治療に関する栄養療法などの研究を行っている。

研究の現状

概要
当科ではウイルス性肝疾患に対する診断と治療に関する研究を中心に行い、多くの厚生労働省の治療研究班に参加し新たなウイルスマーカーの確立や治療成績の向上を目指すとともに、ウイルス排除後の発がん抑制に関する基礎的研究を行っている。さらに慢性肝疾患を栄養学的側面からとらえた研究と超音波検査を用いた非侵襲的診断法、肝癌治療の成績向上を図る研究も行っている。胆膵領域については、超音波内視鏡検査による悪性疾患の早期診断を目指した研究を行っている。


主題
  1. C型慢性肝炎に対する治療成績向上に関する研究:
    治療の進歩により近年では高率にC型肝炎ウイルスの排除が可能となっている。われわれは個々の患者さんに最適な治療を提供することを目的に研究を行っている。最近ではインターフェロンの反応性に基づく治療を行うことで副作用を軽減して治療効果の改善をもたらしうることや、インターフェロンの少量長期自己注射で治療効果を増強しうること、また一部の患者さんではインターフェロン製剤を中和するタンパク(中和抗体)が体内でつくられて治療無効と関連することなどを報告している。また最近開発された、インターフェロンを用いずにC型肝炎ウイルスを排除する治療の成績や臨床経過についての研究も行っている。
  2. C型慢性肝炎治療後の発癌抑制に関する研究:
    われわれはインターフェロンの発がん抑制について報告してきた。一方、C型肝炎ウイルスが排除されても、その後の発癌がん率は完全にゼロとはならず、臨床上の大きな問題となっている。C型肝炎の治療後の患者さんにおける発がんの予測因子や危険因子は明らかとなっていないが、われわれはウイルス排除後の肝組織検査を行い、発がんをきたした患者さんでは細胞内小器官であるミトコンドリアの遺伝子異常や形態異常を強いことを見出している。<
  3. B型慢性肝炎の新たな治療法を目指した研究:
    厚生科学研究費補助金(肝炎等克服緊急対策研究事業)の班会議(田中班)と(横須賀班)に参加し、B型肝炎治療における核酸アナログ中止基準の作成とHBe抗体陽性無症候性キャリアの長期予後に関する研究を行った。さらに核酸アナログ治療中止時のPEG-IFNα2aの有効性に関する研究ではHBs抗原の著明な減少や消失を示し、Drug freeに対する新たな治療法の確立を目指している。
  4. 慢性肝疾患における非侵襲的肝硬度測定法の研究:
    慢性肝炎の治療効果の予測、肝発がんリスクなどの予測に肝線維化診断は重要で、肝生検にかわる非侵襲的線維化診断法が注目されている。われわれは超音波による肝線維化診断法として、剪断波伝播速度を測定するVirtual Touch Quantification (VTQ)、FibroscanやShear Wave Elastography (SWE)の機器を用いて、肝線維化診断の有用性につき検討している。また血清マーカーの組み合わせによる肝線維化診断の有用性についても研究している。
  5. 肝細胞癌に対する治療に関する研究:
    進行肝がんに対する治療法について未だ確立したものはない。われわれは副作用を軽減しても有効性が期待できる新たな分子標的治療と抗がん剤の併用療法の検討を行っている。また、これらの抗がん剤による治療効果について造影超音波検査を用いて早期から判定する方法も報告している。根治を目指した肝がんのラジオ波治療においては、最新の超音波技術を駆使した手法の開発も行っている。
  6. 肝癌由来新規増殖因子に関する研究:
    われわれは肝細胞に対する新たな増殖因子であるHepatoma-derived growth factor (HDGF)を発見した。これまでにHDGFが、肝細胞の増殖因子として肝発生や肝再生に関与することを報告してきた。またHDGFは細胞増殖因子としての作用以外に血管新生誘導能も有しており、肝細胞がんの発生や進展に関与することを報告している。
  7. 肝硬変に対する栄養療法の研究:
    肝硬変患者は蛋白低栄養状態を示すことが多く、内視鏡治療後の食事制限に伴いさらなる栄養状態の悪化が危惧されているが、我々は内視鏡治療時に栄養介入比較試験を行い、短期的および長期的にBCAA高含有経腸栄養剤の有効性を報告した。また近年トピックとなっているサルコペニアについても、当科が中心となって肝疾患症例における診断基準の作成を行った。
  8. 食道静脈瘤や胃静脈瘤に対する研究:
    食道胃静脈瘤は肝硬変の合併症の一つであるが、食道胃静脈瘤に対する予防的治療として内視鏡的結紮術や硬化術が確立されている。肝硬変患者は蛋白低栄養状態を示すことが多く、内視鏡治療後の食事制限に伴いさらに栄養状態悪化することが危惧されているが、我々は内視鏡治療時に栄養介入比較試験を行い、短期的および長期的にBCAA高含有経腸栄養剤の有効性を報告した。
  9. 胆膵系疾患に対する診断法の確立と治療向上に関する研究:
    胆膵系疾患に対する検査の一つに内視鏡的逆行性胆管膵管造影術がある。繊細な操作を要する手技で長時間に及ぶこともあり、患者さんの負担軽減および繊細な操作を可能にするためにも安定した鎮静方法が必要である。現在α2作動性鎮静剤を併用した鎮静方法の有効性を検討中である。また慢性膵炎に対する経腸栄養剤と膵消化酵素製剤の有効比較試験についても現在検討中である。


自己評価・点検及び将来の展望

実臨床に直結する臨床研究を中心に、その裏付けとなる基礎研究を組み合わせて当科の研究は構成され、厚生労働科学研究補助金(肝炎等緊急対策研究事業)の研究班に研究代表者や研究分担者として採用されるなど、高い評価を受けてきた。さらに、ウイルス性肝炎に対する海外で開発された数多くの新薬を国内臨床試験(治験)なども通じて、いち早く提供し、個々の患者さんに見合った最先端のオーダーメイド治療を目指している。また、肝硬変の病態生理、肝がんの診断と治療成績の向上にも努め、こうした活動をもとに国から兵庫県唯一の肝疾患診療連携拠点病院の指定を受け、地域医療との連携活動や市民公開講座などを積極的に行いその重責を担っている。今後は、高齢化した慢性肝疾患患者に対するサルコペニアの影響に関する研究や、現在増加しつつある予後不良の胆膵系悪性疾患の診断や治療成績の向上を図ることが急務であると考える。


西口 修平 主任教授
西口 修平 主任教授
責任者| 西口 修平(主任教授)
専門分野:消化器病、とくに肝胆膵疾患の診断と治療
教授| 飯島 尋子(兼任)
准教授| 榎本 平之、岩田 恵典
講師| 西川 浩樹、西村 貴士(兼任)
TEL| 0798-45-6472
FAX| 0798-45-6474

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.