医学部医学科
資料請求
情報の公表
図書館
兵庫医科大学医学会

内科学(血液内科)

講座(部署)紹介

当教室では、白血病や悪性リンパ腫といった悪性血液疾患に対する治癒指向型治療を、追求しています。特に、安全で効果的な造血幹細胞移植を目指して、HLA半合致移植や臍帯血移植の臨床および基礎研究を行っています。
臨床面では、通常前処置によるHLA半合致移植とHLA半合致ミニ移植、および複数臍帯血移植など、本邦での移植医療をリードする研究を行っています。また、同種移植が不成功に終わる原因である、拒絶、GVHD、ウイルス感染症、TMA(血栓性微少血管症)、再発のモニタリングシステムの構築を目指しています。
基礎的研究では、HLA不適合移植で、GVH反応とGVL反応が解離するmechanismをマウスの移植モデルを用いて、研究しています。また、GVHDを制御するための基礎研究、および移植後合併症のTMAの成因についても、研究しています。また、間葉性幹細胞を用いて、GVHDを制御する試みも行っています。

研究の現状

概要
難治性造血器腫瘍に対する治癒指向型治療を、より安全に、より効果的に遂行するための、臨床的および基礎的研究を行っている。特に、HLA不適合graftや臍帯血を利用した新しい造血幹細胞移植療法の開発に力を注いでいる。血栓止血領域においては、出血性疾患、血栓性疾患を中心とした血栓止血学、HIV感染症を中心とした感染症学、免疫学などの研究にも力を注いでいる。


主題
  1. HLA半合致ミニ移植に関する多施設共同研究:
    この10年の間に、HLA半合致ドナーからの移植が、ミニ移植を併用など、移植前後のcytokineの産生を抑制することにより試行可能になることを明らかにしてきた。HLA半合致ミニ移植の有効性と安全性を全国的規模で検討するために、現在、厚生労働省班会議をbaseにして、多施設共同で第I/II相の前方向臨床試験を当科が事務局となって行っている。さらには、全国規模のHLA不適合移植研究会を、当科が事務局となり設立し、HLA半合致移植の普及、啓発活動に着手している。
  2. HLA半合致移植において、免疫学的寛容が成立するmechanismの研究:
    従来の移植法では、HLA半合致ドナーからの移植は、重症GVHDが高頻度に発生するため、不可能とされてきた。しかし、我々は、臨床面において、前処置の強度を軽減することにより、あるいは移植前後のcytokine stormの発生を抑制することにより、HLA半合致移植が可能になることを示してきた。この臨床成績を受けて、マウスの移植モデルを用いて、MHC半合致移植における免疫学的寛容が成立するmechanismの解明を試みている。
  3. GVHDを伴わないGVL効果発現の研究:
    HLA適合移植においては、GVH反応とGVL反応は、ほぼ重なり合うものとして捕らえられてきた。しかし、我々が実施してきたHLA半合致移植では、臨床的にGVHDを発症しないにもかかわらず、強力なGVL反応が生じていることが、多くの臨床例で観察されてきた。このGVHDを伴わないGVL効果発現機構を、マウスの移植モデルを用いて、molecularレベルで解明することを行っている。
  4. 骨髄内臍帯血移植の研究:
    通常、移植時、移植片は静脈内へ投与されるが、この方法では、幹細胞の90%は肺などにtrapされ、骨髄に到達しないとされる。生着不全という弱点を有する臍帯血移植では致命的になる可能性がある。そこで、直接、骨髄内へ投与することによって、臍帯血の少ない幹細胞を効率よく、生着させられる可能性があり、臨床第I/II相試験を実施中である。
  5. 造血幹細胞移植後の血栓性微小血管障害(TMA)の病態の解明とその治療法の開発:
    造血幹細胞移植後に発症するTMAは、血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)と類似の病状を来すが、原因はTTPとは異なり、血管内皮細胞傷害と考えられている。血管内皮細胞傷害を示す種々のマーカー(EMP、CEC等)の測定を行い、TMA発症の診断・治療への有用性を検討している。
  6. 血友病治療の安全性と有効性の向上を目指した多施設共同臨床研究:
    1) 血友病関節症を予防するための臨床的評価項目の解析している。
    2) 血友病遺伝子治療に必要な血友病患者における抗アデノ随伴ウイルス抗体価の基礎的検討を実施する。
  7. 1) HIV感染症治療の安全性と有効性の向上を目指した、HIV感染症に対する1日1回併用療法の多施設共同研究に参加している。
    2)日本における抗HIV療法の現状について、全国の専門病院における処方動向調査を行っている。


自己評価・点検及び将来の展望
白血病・悪性リンパ腫といった、難治性造血器腫瘍の病因や病態の解明が進む中、分子標的療法、免疫療法、造血幹細胞移植を含む細胞療法が、今後急速に進展して行くものと思われる。なかでも、同種移植の抗腫瘍効果は絶大であるが、その効果が、ドナー移植片の同種免疫反応によっていることは明らかとなっている。この同種免疫による抗腫瘍効果は、抗癌剤高度抵抗性の血液腫瘍にも治癒効果を持つことから、現存する最強の免疫療法と言えよう。しかし、この同種免疫には、好ましい反応であるGVLと、好ましくない反応であるGVHがある。GVHを抑えつつ、GVL効果を発現させることができれば、理想的である。具体的には、cytokineやchemokineの産生動態、それに対するドナーT細胞の活性化とその動態を中心に、解析することによって、GVL、GVLそれぞれの分子mechanismを明らかにしていきたい。一方、血栓止血、HIV研究においては、より安全で効果的な治療薬の開発や薬剤の組み合わせの研究が、今後進むものと思われる。多施設共同で臨床研究を進めるとともに、移植領域で大きな障壁となっているTMAの診断法や治療法を開発するための臨床的および基礎的研究を進めたい。

小川 啓恭 主任教授
小川 啓恭 主任教授
責任者| 小川 啓恭(主任教授)
専門分野:悪性血液疾患、造血幹細胞移植
准教授| 大杉 夕子
講師| 日笠 聡
岡田 昌也
玉置 広哉
池亀 和博
TEL| 0798-45-6886
FAX| 0798-45-6887

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.