医学部医学科
資料請求
情報の公表
図書館
兵庫医科大学医学会

実践医療コミュニケーション学

講座(部署)紹介

本講座は、医学教育支援という個人の方の御遺志による寄附で設立された全国初の寄附講座です。この御遺志を尊重し社会に貢献する優秀な医療人を育成すべく下記の研究内容を主軸として取り組んでいます。

  1. コミュニケーション教育
    クオリティマネージメントの根幹でもある卒前・卒後、他職種間ボーダレスな教育システムを作り、医療経済や医療経営また法律など本学医学教育に系統的に取り入れていなかった分野を学ぶ場を設けます。
  2. 医療安全
    医療安全を重視した医療人育成のために、スキルスラボでのチーム医療シミュレーショントレーニングを構築します。またこのトレーニングは学内・院内に留まらず、将来的には地域に開放できるトレーニングラボに成長させるべく人材の育成に取り組みます。
  3. 画像解析ソフトウエアの開発
    すでに完成した専門外診療科医師でも理解できる画像解析ソフトウエアを医師・専門医間や医師-患者間のコミュニケーションツールとして普及させるよう展開します。

研究の現状

概要
この講座は個人のご篤志にて2011年9月に設立されました。基本とするテーマは「コミュニケーション」で中でも医療安全に着目し、社会に貢献する優秀な医療人育成を目標とします。
医療の品質保証が問われる昨今において、医学教育内に医療安全を習得する場を得ることは大変意義のあることと考えます。単なる組織内での医療安全のみでなく、社会問題としての地域医療安全にも目を向け、社会における[患者]-[医療人]間、[医療人]-[医療人]間のコミュニケーションシステムを創造します。


主題
  1. コミュニケーション教育
    良好なコミュニケーションスキルを持つことは医療人として必需であり、リスクマネージメントの根幹でもあります。医療経済や医療経営また法律など本学医学教育に系統的に取り入れていなかった分野を学ぶ場を設けます。その中で「人の話を聞く」「人に伝える」というあたりまえの作業の大切さを再認識する機会を与え、社会の中での自らの役目を考え遭遇する場面によってはリーダーシップを発揮することのできる医療人育成のために卒前・卒後、多職種間ボーダレス教育システムをつくります。
  2. 医療安全教育
    寄附講座開設により、本学医学教育に系統的に取り入れられていなかった「医療安全管理と薬害(Healthcare Risk Management)」を開講いたしました。また学生のみでなく卒前卒後ボーダレスな医療安全教育の一環として、スキルスラボを用いたシミュレーション教育を開始する予定です。先進的な医療サービスを適確に患者の利益として反映させるための根幹である医療安全教育に取り組みます。
  3. 社会における医療安全
    難解で解析に専門知識を要した画像診断の一分野において、医療過疎地域への遠隔診療の支援にも有用な画像解析ソフトウエアの開発いたしました。地域間での医療水準差是正を目的に、どの地域においても安全で高度な医療サービスを提供するため、また医師-患者間のコミュニケーションツールとしても用いることのできるソフトウエアを普及させていきます。
  4. 大学間交流
    本校の兄弟校である兵庫医療大学や関西学院大学と共通の教育プログラムを積極的に推進することで、単科大学を卓越した教育環境を整えます。医学界のみでなく幅広い知識を養う機会を設け、将来は厚みのある医師として魅力的な人材育成に取り組みます。また教職員においても共同研究などによる交流を深めてゆきます。


自己評価・点検及び将来の展望
この講座のように個人のご篤志にて開講した医学教育分野の寄附講座は本邦においては他に例がありません。講座の業績を関連学会等での発表や雑誌へ発表することで、今後同様の講座の設立が期待できると考えます。将来的には本学医学教育システム、また臨床教育において永く組み込まれてゆくような、その時代における医療問題の解決に取り組む意識を持つ講座を構築します。

鈴木 敬一郎 教授
鈴木 敬一郎 教授

高橋 敬子 准教授
責任者| 鈴木 敬一郎 (主任教授)(兼務 医学教育センター長、生化学主任教授)
専門分野:生化学、病態生化学、分子生物学、細胞生物学
担当者| 高橋 敬子 (准教授)(兼務 医学教育センター、内科学冠疾患科)
TEL| 0798-45-6291
FAX| 0798-45-6298

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.