医学部医学科
資料請求
情報の公表
図書館
兵庫医科大学医学会

地域総合医療学

講座(部署)紹介

当講座は、身近な全人的診療をもって地域医療へ貢献する総合診療医や領域別専門医を養成することを目標としています。各々の教員はそれぞれの専門領域を持ち、それをさらに発展・向上させながら、「兵庫医科大学ささやま医療センター」において専門領域横断的な診療、教育および研究に取り組んでいます。
現在の日本の地域医療は医療の偏在化や過疎化が進行して危機的な状況にありますが、当講座では「地域包括ケアのための人材育成とシステム開発」につながる以下の研究を行っています。

  1. 地域における疾病管理および重症化及び合併症予防など予防医学的アプローチ
  2. 健康の維持増進のための生活環境と食生活の解析とICTを活用した生活習慣改善支援
  3. 地域における効率的な医療体制および持続可能な医療ネットワークの構築
  4. 地域における救急医療体制の構築と救急初療の標準化に関する研究
  5. 卒前からの一貫した総合的診療能力育成教育の実践と研究
  6. 地域でのチーム医療の推進ならびに医療の質と安全に関する実践と研究
  7. 地域包括ケアに関わる実践的研究

研究の現状

概要

地域医療・ケアの新しい枠組みを構築しながら、高齢化している地域における「健康維持」を目的として、基礎的および臨床的研究を行っている。今後は地域基盤型医学教育や地域でのICTの活用、地域疾病管理に取り組んでいく予定である。

主題

  1. 地域基盤型医学教育に関する実践と研究:
    人口4万の農業が主産業の地方都市にある180床の大学病院という特徴を生かし、卒前から一貫性のある地域基盤型医学教育により、医師の地域偏在、診療科偏在に対する効果を検証する。卒前では早期に Longitudinal Integrated Clerkship を導入し、初期研修では地域医療研修に重点を置くプログラムを提供し、今後スタートする新専門医制度では、総合診療専門医をベースにしたダブルボードなどによるサブスペシャリティの習得プログラムの開発を進めている。地域基盤型教育が、医師の偏在対策として効果があることは周知であるが、卒前からの一貫した地域基盤型教育の開発及び実践とその成果についての研究を進めていく予定である。
  2. 地域包括ケアにおける情報システム活用に関する実証的研究
    地域包括ケアではケアにかかわる他職種スタッフの情報共有や個人の健康管理を支援するPersonal Health Recordやe-learningなどが活用される方向にある。国が準備を進めている共通基盤とともに一般に利用可能なシステムを組み合わせて活用するなどによる安価で継続可能なICT活用を実現する方法について研究を進めている。特に多忙な働き盛り世代の生活習慣病予防において特定保健指導の利用を広げるための遠隔指導システムの構築を目指している。
  3. ヘリコバクター属の細菌感染の実態と病因:
    胃癌の原因菌であるヘリコバクター・ピロリ感染症の疫学的研究を行い、感染が小児期に起こっている可能性を研究している。現在、感染率の調査範囲を広げて、職種や同居家族との関連を調査中である。胃癌発症とヘリコバクター・ピロリ感染の関連性を探り、さらに感染防止策を確立すべく研究を進めている。また、ヘリコバクター・ヘパティカスは肝胆道系に感染する細菌であり、この細菌の臨床的意義を解明している。
  4. 丹波篠山圏在住高齢者における生活習慣とフレイルに関するコホート研究:
    丹波篠山在住の高齢者におけるフレイルの実態評価を行い、フレイルを予防する生活習慣の解析や高齢者QOLへの影響を検討している。
  5. 褥瘡治癒に関する基礎的・臨床的研究:
    褥瘡は圧迫による血流不全が主体に組織の壊死が進行する病変である。潰瘍の治癒に及ぼす諸因子を解析している。局所における潰瘍治癒因子としてアラントインおよびその代謝産物、亜鉛、ビタミンCなどの栄養因子にスポットをあて、臨床および基礎研究を行っている。
  6. 健やかな高齢者をめざし転倒・転落の原因ともなるサルコペニアの病態を明らかにし、対策を検討する。また、人工膝関節置換術が必要となった患者では、筋量や骨密度を併せて検索し対策を検討する。さらに、嚥下障害者に対する喉頭周囲筋に対する低電流刺激によるリハビリ効果を検証する。
  7. 頻度の高い慢性疾患の地域疾病管理の導入:
    糖尿病を中心とした生活習慣病や骨粗鬆症、慢性心不全や慢性呼吸不全、慢性腎臓病など、地域で連携して重症化予防、合併症予防に取り組んで行く予定です。

自己評価・点検及び将来の展望

地域総合医療学は、新専門医制度のスタートを控え、また学校法人兵庫医科大学が推進する理想の地域医療モデルの実現という目標のために、篠山キャンパスがすなわち地域総合医療学講座という体制に刷新しました。卒前からの一貫した地域基盤型医学教育の提供、地域の特性を生かした疫学研究や予防医療への取り組み、地域に求められる新たな医師のモデルの探求と養成、地方都市におけるモデル病院およびモデルとなるICTの活用など、取り組んでいく課題を着実に実現していくようにスタッフ一同が力を合わせて進んでいきます。

主任教授| 池田 義和、下村 壯治
准教授| 岡山 明洙
講師| 井上 淳一、和田 陽介
TEL| 079-552-1181
FAX| 079-552-5343

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.