医学部医学科
資料請求
情報の公表
図書館
兵庫医科大学医学会

内科学(総合診療科)/総合診療センター

講座(部署)紹介

当教室では、基礎研究、疫学研究、臨床研究と、研究のタイプにはこだわらず、各人が興味を持ち、自主的に取り組むことができるテーマでの研究活動を奨励している。
疫学研究としては、兵庫医科大学本院、ささやま医療センター、兵庫医療大学とが連携して学際的研究チームを構成し、丹波篠山圏域における高齢者のコホート研究を実施している。
基礎研究に関しては、総合診療科固有の実験室の準備が整い、新村主任教授がこれまで取り組んできた老化制御や実験的心筋梗塞に関わる研究を再開した。
臨床研究では、太田好紀講師が臨床疫学教室の森本剛教授の指導の下、医原性有害事象の定量的解析に関わる研究に取り組んでいる。

研究の現状

概要

総合診療科学における研究の意義は、幅広い分野にわたる知識の習得に励み、clinical questionに対する解決策を導き出すための科学的思考過程を体得することにある。そのためには研究分野の限定は行っていない。基礎研究、疫学研究、臨床研究、いずれの分野でも質の高い研究を目指していく。

主題

  1. 丹波篠山圏域在住高齢者における生活習慣とフレイルに関する学際的研究(新村、楠、玉城)
    加齢に伴う機能変化や生理的な予備能力の低下により健康障害を招きやすい状態は、フレイル(frailty)と呼ばれ、特に高齢期における自立度の低下、要介護状態に陥る原因として着目されている。そこで我々はささやま医療センターにおいて、高齢者におけるフレイルの発症要因や農村部におけるその表現型の分布様式、さらにフレイルの診断に有用な血液バイオマーカーを同定することを目的としたコホート研究を実施している。
  2. サルコペニアモデルマウスにおける心筋梗塞後心不全に対する抗老化療法の検討(新村、江口、玉城)
    近年、高齢心不全患者の予後を予想する上では、心機能の評価だけでなく、心身機能評価が極めて有用であることが明らかとなった。そのため、心不全におけるフレイルやサルコペニア合併のインパクトに注目が集まっている。そこで我々は、サルコペニアモデルマウスにおいて心筋梗塞を作成することによりフレイル心不全モデルを確立し、心臓に対する直接的介入ではなくサルコペニアに対する介入が、心機能や予後に与える影響を明らかにしていく。
  3. 免疫老化に対する介入による加齢関連疾患治療戦略の確立(新村、江口、玉城)
    加齢に伴う燻り型の慢性炎症は、加齢関連疾患の発症・進展、高齢者での感染症重篤化・遷延化に寄与している。加齢に伴う免疫系の変化は、特異的獲得免疫応答性の低下と向炎症性応答の増強からなり、免疫老化と呼ばれる。これは、老化に関連した特殊なT細胞集団の増加によりもたらされている可能性がある。そこで我々は、加齢に伴い増加し炎症促進効果を担う特殊なT細胞集団が出現する分子メカニズムを解明すること、このT細胞集団への選択的かつ効果的な介入方法を確立することを目的とした基礎研究を行っている。
  4. 老化制御に向けた栄養と身体活動量のオプティマルレンジの同定(新村、玉城)
    これまでの基礎的エビデンスからヒトにおいても抗老化効果が期待しうる介入法は、食事制限と運動である。食事制限としてカロリー制限や間歇的飢餓の有効性がこれまでに明らかにされているが、抗老化を目指した食事制限療法にはまだ最適化する余地が残されている。さらに食事制限療法と運動療法との最適な組み合わせに関する基礎的エビデンスは乏しい。そこで我々は、老化制御に向けた栄養と身体活動量のオプティマルレンジ同定を目標に、マウスを用いた体系的な食事制限療法と運動療法の組み合わせ研究を計画中である。
  5. 医原性有害事象の定量的解析による医療の質の評価(太田)
    森本剛教授の指導のもと我々は、JADE Study(日本薬剤性有害事象研究)や循環器外来患者医原性有害事象研究を実施し、日本のICU入室患者や循環器外来患者を対象にした医療による健康被害(医原性有害事象)の発生率を検証した。ICU在室患者や循環器外来患者における医原性有害事象の疫学や患者に与える影響を明らかにすることで、それぞれの患者の予後を改善するとともに、診療の質の直接的な向上を目指している。

自己評価・点検及び将来の展望

当教室は黎明期にあり、これまで研究環境も十分には整っているとは言えなかった中で、着実に研究環境が整えられつつある。論文発表に関しては、最近の研究成果を英語論文としてまとめており、平成29年度中の発表を目指す。スタッフ全員がそれぞれの分野の研究に真摯に取り組み、より活発にその成果を発表し、教室にアカデミックな空気を浸透させることが引き続き今年度の目標である。

主任教授| 新村 健
講師| 太田 好紀
講師| 楠 博
TEL| 0798-45-6875
FAX| 0798-45-6977

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.