医学部医学科
資料請求
情報の公表
図書館
兵庫医科大学医学会

嚥下医学

講座(部署)紹介

嚥下医学講座では、本学の知財(特許5353479号、PCT/JP2014/062239、特許4546472号)を基に、人口の高齢化に伴い急増している嚥下障害や誤嚥性肺炎の診断・予防・治療へ展開するトランスレーショナルリサーチを行うことによって、社会の福祉へ貢献する。

研究内容

  1. 嚥下モニタリングシステムの開発
    肺炎は日本人の死亡原因の第3位であり、その多くは高齢者の食事中や夜間の不顕性誤嚥による誤嚥性肺炎と考えられているが、食事中や夜間の嚥下状態をモニターし、誤嚥リスクを診断する装置は市販されていない。そこで誤嚥リスクを早期発見する嚥下機能評価装置(特許5353479号、PCT/JP2014/062239、Respirology 2016、MBEC2016)を開発し、実用化を目指している。平成26年度より、京都大学先端医療機器開発臨床研究センターに拠点を置いて多施設大規模臨床試験を開始している。本プロジェクトは、兵庫医科大学、京都大学、県立広島大学、ユーセンスメディカル(株)(大学発ベンチャー企業)、(株)ジェイクラフト、(株)フードケア、(株)村田製作所と、多くの協力医療機関による産学連携プロジェクトである。
  2. 嚥下障害治療器の開発
    誤嚥性肺炎患者は嚥下誘発閾値が上昇しているので、嚥下閾値を低下させることは有効な予防法となる可能性がある。我々は、頚部の干渉波電気刺激が健常者において嚥下を促進させることを見出し(Dysphagia 2011)、特許化した(特許4546472号)。さらに、頚部干渉波電気刺激が嚥下障害患者において嚥下反射時間を短縮させることも見出した。これらの知見を基に、嚥下障害治療器を開発し、実用化を目指すトランスレーショナルリサーチを行っている。


自己評価・点検及び将来の展望

嚥下障害治療器に関しては、2015年7月28日に「干渉波型低周波治療器」として医療機器認証(227AHBZX00026000)を受け、医療機器として使用可能となった。現在、複数の臨床研究が進行中であり、エビデンスを確立した後は、「嚥下障害治療器」としてPMDAの承認を目指す。嚥下モニタリングシステムに関しても、知財と薬事の専門コンサルタントにアドバイスを受けながら、最終的には新カテゴリーでの医療機器承認を目指す。




越久 仁敬 主任教授
責任者| 越久 仁敬(特任教授)(兼任)
専門分野:呼吸生理学
特任講師| 八木 直美
TEL| 0798-45-6387
FAX| 0798-45-9643

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.