医学部医学科
資料請求
情報の公表
図書館
兵庫医科大学医学会
医療統計学

講座(部門)紹介

 医学、生物学といった生命科学の諸分野で必要な統計学の基礎的知識を教育するとともに、それを実地で適正に活用できる人材を育成している。これらの教育および育成を果たすべく、とくに学内では、学部生を対象として臨床入門、医学統計学・臨床疫学などの科目、大学院生を対象として臨床疫学・生物統計学セミナーなどの科目を担当している。
 さらには、医学、生物学といった生命科学の諸分野で生じる課題や問題を解決するための統計モデル、統計的方法、統計的方法論といった統計的接近法の開発およびその応用に関する研究を行っている。とくに、最近の医薬品、医療機器、治療法の臨床開発・評価の場では、その効率を高めるために、従来の考え方にとらわれない新しいパラダイムが必要とされてきている。本講座では、この時代の趨勢と要請に応えることのできる、新しい統計的接近法の開発を行っている。また、既存の統計的接近法を適用する立場で、諸種の生命科学分野の研究者との共同研究も行っている。

研究の現状

概要
 諸種の生命科学分野で生じる課題や問題を解決するための統計的接近法の開発およびその応用に関する研究を行っている。とくに、最近の医薬品、医療機器、治療法の臨床開発・評価の場では、その効率を高めるために、従来の考え方にとらわれない新しいパラダイムが必要とされてきているため、この時代の趨勢と要請に応えることのできる、新しい統計的接近法の開発を行っている。


主題
  1. 医薬品・医療機器・治療法の臨床開発・評価のための統計接近法の開発
     医薬品・医療機器・治療法の臨床開発・評価では、その効率を高めるために、過去のデータや先験的な情報を統計モデルへ組み込むための方法論が大きな鍵を握る。このような事前情報を事前分布として陽に活用できるのがBayes流統計学であり、このBayes流学派の哲学を基調にした統計的接近法の開発を行っている。
  2. バイオマーカの探索・発見のための統計的接近法の開発
     最近の医療では、「個」対「治療」を標的とした「予測医療(predictive medicine)」や「精度医療(precision medicine)」が注目されている。これらの医療の実践において大きな鍵を握るものの一つが、いわゆるバイオマーカである。このバイオマーカを探索および発見するための統計的接近法に関する研究開発を行っている。
  3. 医学における非線形回帰モデルの統計的推測に関する研究
     生体内で生じる現象およびその結果としての生体外で観測される現象は、通常、非線形の関係構造を有し、非線形回帰モデルが仮定される場合がある。このモデルに含まれるパラメータを精確に推定する方法論、標本抽出のための最適デザインの規準に関する研究開発を行っている。


自己評価・点検及び将来の展望
平成26年12月に本学講座が新しく設置され、大門が着任した。教育、人材育成、研究は、開始したばかりであるが、各々の成果を着実に残していきたい。

責任者 大門貴志(教授) 【専門分野:生物統計学、医学統計学 】
TEL 0798-45-6169
FAX 0798-45-6169




兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.