資料請求
関連リンク
【14.12.06】「日本と中国におけるPM2.5及びオゾンの呼吸器系への影響」公開シンポジウム
 大気中の微小粒子状物質(PM2.5)が注目されていますが、その発生源や健康影響については解明されていないことが数多く残されています。近年は大気中オゾン濃度も増加傾向にあり、その影響にも留意が必要です。これらの大気汚染物質は国内で発生するだけでなく、国境を越えて飛来する可能性も指摘されています。
 本シンポジウムでは、私たちが行っている大気汚染物質の環境動態と健康影響に関する研究を紹介するとともに、中国から研究者を招聘して、日本と中国における大気汚染の現状とその健康影響についてお話しします。

【開催日時】

[日時]  平成26年12月6日(土) 13:30~16:50 (開場 13:00)
[場所]  グランフロント大阪北館タワーC8階 ナレッジキャピタル カンファレンスルームタワーC RoomC 03
       (JR大阪駅中央北口アトリウム広場 徒歩5分/阪急・阪神梅田駅 徒歩10分)

【プログラム】

平成26年度環境省環境研究総合推進費(5-1456)・一般公開シンポジウム
「日本と中国におけるPM2.5及びオゾンの呼吸器系への影響」

座長:島 正之(兵庫医科大学)/平木 隆年(兵庫県環境研究センター)

13:30 開会挨拶    
13:35 東アジアにおける大気汚染の現状 大原利眞 国立環境研究所
14:15 中国における大気汚染の現状と健康影響 郭 新彪 中国・北京大学
14:45 中国東北部における大気汚染と健康影響 符 文華 中国・瀋陽市疾病予防対策センター
14:55 中国内陸部における大気汚染と健康影響 馬 露 中国・武漢大学
15:05 休憩    
15:15 大気中PM2.5の成分測定による環境挙動 平木 隆年 兵庫県環境研究センター
15:35 PM2.5及びオゾンの呼吸器系への影響 島 正之 兵庫医科大学
15:55 喘息による受診への大気汚染の影響 山崎 新 京都大学
16:05 瀬戸内海の弓削島における疫学調査 高木 洋 弓削商船高等専門学校
16:15 総合討論・質疑応答    
16:45 閉会挨拶    

※中国より招聘する講師には日本語または英語で講演していただきます。

【参加申込み】

[参加費]  無料      [定 員]  90名(先着順受付)

[申込み方法]
お名前、ご所属、ご連絡先(電話、FAX、E-mailなど)必要事項を明記の上、FAXまたはE-mailでお申込みください。
申込をいただいた方には参加の可否をメールまたはFAXでお知らせいたします。

[申込み・お問い合わせ]
事務局:兵庫医科大学公衆衛生学教室
TEL: 0798-45-6566/FAX: 0798-45-6567/E-mail: public-h@hyo-med.ac.jp

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.