ママさん小児科医の声

9年目 病院助手 アレルギー専攻

2歳半と6ヶ月の二児の母をしています。 5年目までは市中病院で勤務していましたが、専門分野の勉学が出来、かつ出産育児にあたりマンパワーのある大学に移りました。
1人目出産後は当直なしのフルタイムで勤務させて頂きました。現在は育児休暇中です。
育児は正直大変です。自分中心から子供中心の生活にガラッと変化する為、小児科医であっても思い通りにいきません。仕事が忙しくても帰宅してからも休めないし、夜泣きで寝不足なのは当たり前の世界です。それでもなんとか仕事を続けてこれたのは医局の先生方のお陰だと思っています。医局長自身がワーキングマザーであり、医局の男性医師も子供が3人以上いらっしゃる方々ばかりです。子供の体調不良で休まざるを得ない時なども快く理解して頂き、沢山フォローして頂けました。育児相談にも乗ってくれますよ。
時短制度もあり、提携している保育園及び院内病児保育があることも働きやすい要因として挙げられます。
育児の為に退職されていく先生方も沢山いらっしゃいますし、それも悪くはないと思います。でもせっかく積んできたキャリア。兵庫医科大学なら無理なく両立できます!是非いらして下さい!!

8年目 病院助手

私は平成21年に兵庫医科大学を卒業し、初期研修から市中病院で研修していました。医師6年目で出産し、現在1歳10カ月になる子供がいます。1年間、産休・育児休暇をもらって育児に専念していました。復帰後、小児科専門医の取得を考えていたのですが、支援施設での研修が必要となり、8年目で兵庫医科大学病院に入局しました。育児しながらの勤務になるので、竹島教授や医局の先生方に働き方を相談させて頂いたところ、夜間当直なしで、平日9時から16時までの時間短縮勤務を快諾していただきました。
子供を自宅近くの保育所に預けていますが、やはり急な発熱で呼び出しがかかることもあります。そんな時は医局の先生方がすぐに交代してくれ、保育所にお迎えにいくことが出来ています。何度も交代をお願いして申し訳ない気持ちになりますが、医局の先生方は子供の体調を心配して下さり、とても感謝しています!お子さんのいる男性医師も多いので、子育てについても相談させてもらっています。外来、病棟のスタッフも優しく、保育所のお迎えの時間を心配して声をかけて頂き、素晴らしい環境で働けていると感じています。育児休暇の期間が長く、復帰まもなく大学病院での勤務だったので、かなり不安が大きかったのですが、医局の先生方のサポートで楽しく働けています。
女性は、仕事、家事、出産、育児…と将来の働き方に不安をもつ方も多いと思いますが、兵庫医大小児科ならきっと楽しく仕事を続けられると思います! 少しでも興味があれば女性医師、学生さん問わず、是非一度見学にいらして下さい。