医学会の運営のページ

医学会会則

(名 称)
 第1条 本会は、兵庫医科大学医学会と称する。

(事務局)
 第2条 本会の事務局は、兵庫医科大学図書・学術情報課内に置く。

(目 的)
 第3条 本会は、本学設立の主旨に沿って広く医学の進歩、発展に寄与し、社会に貢献することを目的とする。

(事 業)
 第4条 本会は、次の事業を行う。
  1 総会および学術集会の開催
  2 機関誌の発行
  3 その他本会の目的を達成するために必要な事業

(会 員)
 第5条 本会は,次の会員をもって組織する。
  1 正会員‥‥‥(1)本学専任の教員、病院助手およびレジデント
          (2)本学研修医、大学院学生、研究生、出身者および関係者で入会を希望する者
  2 賛助会員‥‥本会の目的に賛同し評議員会の承認を得た者
  3 名誉会員‥‥本会の発展に功労のあった会員で評議員会において推薦された者
  4 準会員‥‥‥本学関係者以外の個人で本会の目的に賛同し評議員会の承認を得た者

(役 員)
 第6条 本会に次の役員を置く。
  1 会長
  2 副会長
  3 評議員
  4 監事

(役員の選出)
 第7条 会長は、本学学長をもってこれにあてる。
  (2)副会長は、会長の指名とする。
  (3)評議員は、本学教授および評議員会の推薦により会長が委託した者とする。
  (4)監事は、会長が委託した者とする。

(役員の任務)
 第8条 会長は、本会を代表し会務を統括するとともに評議員会を招集してその議長となる。
  (2)副会長は、会長を補佐し,会長に事故のあったときは会長の職務を代行する。
  (3)評議員は、評議員会を組織し本会の重要事項を審議する。
  (4)監事は、事業ならびに会計を監査する。

(運営委員会)
 第9条 本会の事業を行うために運営委員会を置く。
  (2)運営委員会に関する規程は、別に定める。

(顧 問)
 第10条 本会に顧問を置くことができる。顧問は評議員会の推薦により会長が委託する。

(総会および学術講演会)
 第11条 総会は,年1回これを開催し、事業・会計の報告ならびに特別講演などを行う。
  (2)学術集会は,年1回以上開催する。

(機関誌)
 第12条 本会の発行する機関誌は、兵庫医科大学医学会雑誌(ACTA MEDICA HYOGOENSIA
    略称 兵医大医会誌、ACTA MED. HYOGO.)と称し,会員に無料で配布する。
  (2)雑誌の編集、発行に関しては別に定める。

(経 費)
 第13条 本会の経費は、会費・寄付金およびその他の収入をもってこれにあてる。

(会 費)
 第14条 会費は次のように定める。
  1 正 会 員・・・・・・・・・・ 4,000円(年額)
  2 賛助会員・・・・・・・・・ 25,000円(年額)
  3 名誉会員・・・・・・・・・ 会費の納入を要しない
  4 準会員・・・・・・・・・・・ 10,000円(年額)

(会計年度)
 第15条 会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わるものとする。

(入会,退会等)
 第16条 本会に入会する者は、所定の用紙に住所、氏名、所属等を記入し、本会事務局に届け出るものとする。
  (2)会員が住所を変更した場合または退会しようとする場合は、その旨を本会事務局に届け出るものとする。

(資格の喪失)
 第17条 住所変更届並びに会費の納入を1年以上怠った者は、会員の資格を失う。

(会則の変更)
 第18条 本会則の変更は、評議員会の議を経て行う。

   附  則
    本会則は、昭和50年1月1日から施行する。
   附  則
    この改正は、平成元年11月2日から施行する。
   附  則
    この改正は、平成6年4月1日から施行する。
   附  則
    この改正は、平成11年6月3日から施行する。
   附  則
    この改正は、平成16年7月1日から施行する。
   附  則
    この改正は、平成19年4月1日から施行する。
   附  則
    この改正は、平成27年4月1日から施行する。
   附  則
    この改正は、平成29年4月1日から施行する。

医学会会則(PDF版)LinkIcon

LinkIconこのページのトップへ

医学会運営委員会

兵庫医科大学医学会運営委員会規程

第1条 本規程は、兵庫医科大学医学会会則第9条第2項に基づき運営委員会(以下「委員会」という。)について定める。

第2条 委員会は、会則第4条に基づく次の事業について企画、実行する。
  1 総会及び学術集会の開催
  2 機関誌(兵庫医科大学医学会雑誌)の編集及び発行
  3 その他
 (2) 機関誌の編集、発行に関しては別に定める。

第3条 委員会は、評議員が互選した10名をもって組織する。

第4条 委員の任期は2年とし、再任することができる。ただし、引き続き4年を超えることはできない。

 (2) 委員に欠員が生じた場合の補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

第5条 委員会に委員長を置き、委員のうちから互選する。
 (2) 委員長は、委員会を招集し、その議長となり、議事を統括する。

第6条 委員会は、必要に応じ随時開くものとする。
 (2) 委員会は、委員の過半数の出席をもって成立する。

第7条 委員会の事務は学務部において行う。

附 則
この規程は、平成元年12月1日から施行する。

LinkIconこのページのトップへ

運営委員会委員

  • 【委員長】 
    岸本 裕充 主任教授 歯科口腔外科学
    【会計監事】
    芳川 浩男 主任教授 内科学 神経・脳卒中科
    【委員】
    福島 和明 主任教授 化学
    八木 秀司 主任教授 解剖学 細胞生物部門
    越久 仁敬 主任教授 生理学 生体機能部門
    島  正之 主任教授 公衆衛生学
    若林 一郎 主任教授 環境予防医学
    西尾  元 主任教授 法医学
    辻村 亨 主任教授 病理学 分子病理部門
    小山 英則 主任教授 内科学 糖尿病・内分泌・代謝学
    新村  健 主任教授 内科学 総合診療科
          (ABC順)   
    任期 H28.4.1~H30.3.31

歴代の役員

【医学会会長(学長)】

  • 2016〜    野口 光一
  • 2010〜2015  中西 憲司
  • 2004〜2009  波田 壽一
  • 2000〜2003  東野 一彌
  • 1994〜1999  新家 荘平
  • 1989〜1993  永井 清保
  • 1983〜1988  松倉 豊治
  • 1980〜1982  伴 忠康
  • 1976〜1979  森村 茂樹

【運営委員会委員長】

  • 2016~    岸本 裕充(歯科口腔外科学)
  • 2014~2015  筒井 ひろ子(病原微生物学)
  • 2012~2013  玉置 知子 (遺伝学)
  • 2010〜2011  寺田 信行 (病理学 機能病理)
  • 2008〜2009  越久 仁敬 (生理学 生体機能)
  • 2006〜2007  佐野 統  (内科学 リウマチ・膠原病科)
  • 2004〜2005  藤元 治朗 (第1外科学:現外科学 肝胆膵外科)
  • 2002〜2003  三村 治  (眼科学)
  • 2000〜2001  窪田 彬  (病院病理)
  • 1996〜1999  中西 憲司 (免疫学・医動物学)
  • 1994〜1995  堀 清記  (第1生理学:現生理学 機能生理)
  • 1992〜1993  田村 俊秀 (細菌学:現病原微生物学)
  • 1991     林 泰正  (第2生理学:現生理学 生体情報)
  • 1984〜1990  森 芳茂  (第1病理学:現病理学 機能病理)
  • 1979〜1983  新家 荘平 (免疫学・医動物学)
  • 1976〜1978  森村 茂樹 (精神科学)

【会計監事】

  • 2016〜     芳川 浩男 (内科学 神経・脳卒中科)
  • 2014〜2015  玉置 知子 (遺伝学)
  • 2010〜2013  大柳 光正 (内科学 冠疾患科)
  • 2005〜2009  谷澤 隆邦 (小児科学)
  • 2000〜2004  植松 邦夫 (第2病理学:現病理学 分子病理)
  • 1997〜1999  林 泰正  (第2生理学:現生理学 生体情報)
  • 1979〜1996  松永 一郎 (行動学)
  • 1976〜1978  朝日 稔  (生物学)

LinkIconこのページのトップへ