EndNote 利用者のページ


EndNoteはトムソンロイター社が提供する学術文献の情報検索結果データ及びファイルを管理し、
論文を記述する際の参考文献リスト作成と本文中への文献番号等の付与を自動的に行う論文作成支援
ソフトウェアです。
PubMed、医中誌Web、Web of Scienceなど各種データベースから学術文献情報を簡単に取込むことが可能で、
取り込んだ文献情報の検索、編集、フルテキストファイルを管理することができます。
また、文献情報以外にも、研究業績レポート等も管理できる多目的データベースソフトウエアです。
詳細は、ユサコ(株)のホームページをご覧下さい。

http://www.usaco.co.jp/products/isi_rs/endnote.html


利用申請をされる方へ

(申請及び利用方法等)

 「EndNote」の利用希望者は、以下の手続きと作業を行って下さい。

1. EndNote利用申請書に必要事項を記入し、図書館に提出して下さい。(申請書ダウンロード

2. 申請書確認後、利用登録が終われば、ソフトウエアのインストール方法
  (EndNoteX4 Volume/Site Licenseインストールの手引き)とソフトウエアのダウンロードに関する
  情報を利用者の電子メールアドレス宛に送りますので、それらのマニュアルに従ってWindows版
  またはMacintosh版を使用されるコンピュータのOSに応じてインストールして利用して下さい。

3. ソフトウエアをインストールしたパソコンから「EndNote」を起動して利用を始めて下さい。

4. 利用者について

本学に在籍する方(※西宮キャンパスのみ)
 教職員、大学院生、研究生、特別研究生、留学生、学部学生等。
 不明な場合は、図書館にお尋ね下さい。

(遵守事項等)

登録には制限を設けておりませんので、利用希望者は登録手続きを行ってから利用して下さい。

1. 「EndNote」ソフトウエアの使用許諾契約を守って使用して下さい。

2. インストールするパソコンは、本学所有のパソコンに限ります。個人所有のパソコンにインストールして
  使用することは契約違反になります。

3. 利用者の所属、身分等の変更があったときは、変更の届けを提出して下さい。

4. 退職や卒業等で本学から非在籍となる場合は、利用中止の届けを提出して下さい。
  インストールしていたソフトウエアは、必ず使用していたコンピュータからアンインストールして下さい
  (複数の方と共有されている場合を除く)。

5. 不定期に利用部署のネットワーク管理者に利用状況の確認を行いますのでご協力下さい。

お申込みについてのお問い合わせは図書館までお問い合わせください。
ご利用方法等でご不明点がございましたら、ユサコ株式会社までお尋ね下さい。

*******************************************************************************************

<EndNoteについてのお知らせ> 2103.11


▼EndNote X7.0.2のインストール手順

  アンチウィルスソフトを含む全てのアプリケーションを閉じます。

EndNote X7 を起動すると EndNote X7.0.2 に関する案内が
  表示されますので、[Download and Install] をクリックします。

  ファイルのダウンロードが始まり、完了すると
  [Welcome to the EndNote X7.0.2 Update Wizard] の画面が出現します。
[Next]ボタンをクリックしていきます。[Finish]ボタンをクリックすると
アップデート完了です。

EndNoteを起動し、[Help]->[About EndNote X7]を選択して、
EndNote X7.0.2へアップデートされていることをご確認ください。


※ 登録ユーザー専用ページからも、アップデートプログラムを
    ダウンロードできます。
    https://www2.usaco.co.jp/shop/ensupport/updater.aspx

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
2. Mac OS X 10.9 Mavericks と
      EndNote の対応について(その2)
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

  本件について、開発元の対応方針が発表されましたので
  ご連絡いたします。

  誠に残念ながら、現在 Mac OS X 10.9 で EndNote X5 以前の
  バージョンをご利用になることはできません。本件について
  調査は行っていますが、修正プログラムを作成する予定は
  ないとのことです。

  Mac OS X 10.9 にて EndNote X7 は、現在小さな不具合はあるものの、
  基本操作は問題なくご利用いただくことができています。
  EndNote X7 については修正プログラムを随時作成し、無料で配布する
  予定です。また、来年度 EndNote X8 のリリースは予定しておらず、
  EndNote X7 に機能を追加・改善していく予定となっております。
  こちらの追加される機能も無料でご利用いただけるようにする予定です。

  以上のことから、誠に恐れ入りますが、EndNote X5 以前の
  バージョンのご利用者が Mac OS X 10.9 を利用される場合、
  EndNote X7 へのアップグレードをご検討いただけますでしょうか。

  下記ページからご購入いただけます。
  http://www.usaco.co.jp/products/isi_rs/buy.html

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
3. EndNote X6の同期の仕様変更についてのご案内
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

  EndNote X7 のリリースに合わせて、EndNote X6 の同期の
  機能も仕様が変更されていることをお知らせいたします。

  EndNote X6 の操作ガイド〈初級編〉第16章に、「2台目の
  パソコンでEndNote X6 とEndNote Webライブラリの同期をする」
  操作が記載されていますが、こちらの操作手順は現在
  変更されていります。

  手順4から手順8までの、「レコードやグループを削除する操作」が
  不要になりました。その他の操作に変更はありません。

  弊社が公開しているFAQでも本操作についてご紹介しております。
  http://www.usaco.co.jp/products/isi_rs/qa/0115.html

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご利用方法につきまして、ご不明な点がございましたら、ユサコ株式会社までお問い合わせください。

*******************************************************************************************