• 会長あいさつ
  • 会則
  • 会員一覧
  • 活動方針
  • 病院の会
  • お問合せ

第6回 学校法人兵庫医科大学連携病院の会を開催しました

5th002.jpg
田辺三菱製薬
谷澤 正明 氏

平成26年3月10日、ノボテル甲子園において第6回学校法人兵庫医科大学連携病院の会が開催されました。

この連携病院の会は平成26年3月10日現在で123病院にご入会いただいており、当日は会員病院の病院長をはじめ、医師・看護師・事務の方々51名と学内者68名の合計119名の方々にご出席いただきました。

今回のテーマは「診療報酬改定を考える」とし、
田辺三菱製薬(株)谷澤正明氏より「平成26年度診療報酬改定のポイント~急性期医療・地域医療連携はいかに評価されるか~」、東邦大学特任教授であり、中医協DPC評価分科会会長である小山信彌氏より「26年度診療報酬改定から見たDPCの目指すもの」の演題で講演いただきました。

5th002.jpg
東邦大学特任教授
中医協DPC評価分科会会長
小山 信彌 氏

谷澤氏からは平成26年度診療報酬改定最大のテーマは入院医療・外来医療を含めた医療機関の機能分化であり、今回の改定は単なる通過点に過ぎず、改革のターゲットイヤーであり、団塊の世代が全員後期高齢者となる、2025年(平成37年)を見据えた病院運営が重要であること、小山氏からは、中医協DPC分科会長としての立場から、今後の外来、7:1看護、DPCの方向性について説明の後、最近の診療報酬改定はエビデンスに基づいて行われており、今後、制度が大きく変わろうとしているなか、各病院にとって重要なことは、最善の医療を提供し続けることであり、診療報酬改定はそれを評価している旨説明がありました。

講演の後、引き続き意見交換会が開催され大勢の参加があり、各病院間での活発な意見交換が行われ、相互の連携を深めることができました。


■ 第6回学校法人兵庫医科大学連携病院の会 プログラム

1. 会議
5th001.jpg
  1. 挨拶
    学校法人兵庫医科大学 副理事長 波田 壽一
    学校法人兵庫医科大学連携病院の会 会長 太城 力良
  2. 報告
     (1)西宮キャンパス報告
      兵庫医科大学 副学長 西口 修平
      兵庫医科大学病院 病院長 太城 力良
     (2)篠山キャンパス報告
      ささやま医療センター 病院長 福田 能啓
     (3)神戸キャンパス報告
      兵庫医療大学 副学長 末廣 謙
  3. 講演
    座長 兵庫医科大学病院 病院長 太城 力良
    1. 「~急性期医療・地域医療連携はいかに評価されるか~」
      田辺三菱製薬株式会社 営業戦略部 主席 谷澤 正明
    2. 「26年度診療報酬改定から見たDPCの目指すもの」
      東邦大学医学部 医療政策・渉外部門 特任教授
      中医協DPC評価分科会 分科会長 小山 信彌
2.意見交換会(午後7時~8時)
  1. 開会挨拶: 兵庫医科大学病院 副院長 難波 光義
  2. 乾杯: 宝塚市立病院(宝塚市病院事業管理者) 病院長 妙中 信之
  3. 閉会挨拶: 兵庫医科大学病院 副院長 阪上 雅史

波田壽一 副理事長
学校法人兵庫医科大学 
波田壽一 副理事長
西口修平 副学長
兵庫医科大学
西口修平 副学長
太城力良病院長
兵庫医科大学病院
太城力良 病院長
福田義啓病院長
ささやま医療センター
福田能啓 病院長
末廣謙 副学長
兵庫医療大学
末廣謙 副学長
6th004.jpg

ページTOPへ ▲